サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 三菱本格復活へ。スタイリッシュなSUV「エクリプス クロス」の画像公開

ここから本文です

三菱本格復活へ。スタイリッシュなSUV「エクリプス クロス」の画像公開

三菱自動車は3月7日に開幕するジュネーブショーで世界戦略モデルの新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」をワールドプレミアする。サイズ的には「アウトランダー」と「ASX(日本名RVR)」の間に位置するが、流行のクーペライクなフォルムが与えられたパーソナルな雰囲気が特徴の、アウトランダー並みの機能を持ったスタイリッシュSUVといったところ。今年秋に欧州でデリバリーが始まり、2017年度中には日本でも発売されるほか、北米やオーストラリアでも売られる。

アウトランダーのプラットフォームがベース

公開スペックはわずかだが、アウトランダー譲りのプラットフォームに、全長4405×全幅1805×全高1685mm、ホイールベース2670mmというボディサイズ。三菱としては初めて構造用接着剤を併用してボディ剛性を高めている。

搭載されるパワートレーンは2種類で、ガソリンが新しい1.5L直噴ターボ×CVT、ディーゼルがデリカなどにも搭載される2.2Lクリーンディーゼルの改良版×新しい8速AT。欧州仕様は三菱得意のS-AWCを採用した4WDだが、仕向け地によってはFFも設定されるという。

スタイル重視だが居住性や積載力など実用性も確保

最大の特徴は、水平なルーフに対して、ベルトラインがテールに向けてストレートに上昇していく、スリークな雰囲気のサイドデザインだ。よりリファインされたダイナミックシールド顔や、樹脂クラッディングが装着されたホイールハウス、リヤウインドシールド中段に細い水平ラインを描くハイマウントストップランプなども見どころ。また、テーマボディカラーの高彩度レッドは通常塗装の上に、さらに半透明のレッドとクリア層を塗り重ねているという。

インテリアでは、センターコンソールトップに独立型のスマホ連携ディスプレイが配置され、コンソールのATセレクタ脇には三菱初のタッチパッドコントローラも採用。同じく初採用のフルカラー電動格納式ヘッドアップディスプレイも装備する。

また、ラゲッジルームは通常ならゴルフバッグが4個、200mmのスライド幅がある後席を一番後ろにしても3個が積み込める。後席は8段階のリクライニング式だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します