サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 迫るCO2規制で本気を出したメルセデスの高級EV「EQC」はテスラに勝てるか

ここから本文です

迫るCO2規制で本気を出したメルセデスの高級EV「EQC」はテスラに勝てるか

迫るCO2規制で本気を出したメルセデスの高級EV「EQC」はテスラに勝てるか

メルセデス・ベンツ EQC 400 4MATIC

ドイツのプレミアムブランドはテスラを甘く見ていた

ここに来てドイツの自動車メーカーが電気自動車の開発と販売を急いでいる。それはテスラを甘く見ていて、高額電気自動車の開発を怠けていたからだ。彼らは電気自動車はシティ・コミューターだと軽んじていたのだ。

さらにもう一つは、2021年から強化される二酸化炭素排出量規制に際して、せっかくCO2排出量の少ないディーゼルを持っていたにも関わらず、不正ソフト問題を起こし、そのイメージを悪化させ、自分の首を絞めた結果でもある。

ローカルエミッション・ゼロのBEV(電気自動車) は技術的にもハイブリッドほど複雑ではなく、現状打破の最有力手段だ。そこで昨年末から今年にかけて登場したのがアウディ「e-tron 55 クワトロ」、そして、今回試乗したメルセデス・ベンツ「EQC400 4マチック」である。「EQ」は「エレクトリック・インテリジェンス」を意味し、「C」はセグメントを表す。EQCの後にはEQA、EQBそして、さらにはEQEやEQSが控えているとも言える。それに続く数字は、これまでの排気量に代わる性能の目安であり、EQC300、あるいはEQC500が登場する可能性がある。

さて、このEQC400の試乗会会場に選ばれたノルウェーは、電気自動車の登録が3台に1台、首都オスロでは40%を占め、例えばテスラはカリフォルニアよりも頻繁に見かけるほどだ。この国では電気自動車の補助金が豊富で、例えば自動車税も払う必要がない。BEVの方が内燃機関のクルマよりも安かったりする。つまりEQブランドにとって非常に都合がいい市場なのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します