現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった

ここから本文です
試乗記 2018.7.16 レポート:竹町 昭男 / 写真:ブリヂストン

ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった
  • ブリヂストンの新スポーツタイヤ、ポテンザS007Aは走りに加え快適性にもこだわった

ポテンザ S007A

独自技術“アルティメットアイ”を活用してドライ性能を進化

新たにデビューしたポテンザ S007Aは、プレミアムスポーツ部門のフラッグシップを担う最新作。ポテンザには現在、3種のメインモデルがある。サーキット走行のグリップレベルを徹底追求したRE‐71R、カジュアルスポーツのアドレナリン RE003、そしてプレミアムスポーツのS007Aである。Aが付いているのは新車装着用タイヤにS007というモデルが既にあるからで、あまり大きな意味はない。S007Aは2010年デビューのS001後継モデルにあたる。系譜をたどれば、1998年誕生のエクスペディア S02といった懐かしい名前が出てくる。

S007Aが目指したもの、それはドライ性能のさらなる進化だという。ウエットグリップや低燃費をテーマにする新作が多い中、ポテンザならではの目標といえよう。S007Aは、一般的な走行時から運動性能の高さが感じられるよう、初期応答性とコーナリング性の向上を第一に目指した。ここで大きな武器となるのが、ブリヂストンの独自技術である高速回転時の接地圧解析技術“アルティメットアイ”である。旧型のS001を解析していくと、小舵角では接地面剛性が、大舵角領域ではパターンとサイドウォールの剛性が重要なことがわかったという。

S007Aはストレートリブ基調の高剛性ブロックを備えたリブパターンが大きな特徴だ。一見、飾り気のないオーソドックスに見えるデザインだが、溝を無くした極太のセンターリブとセカンドリブの横剛性は、14~16%も向上している。ショルダー部の横剛性も9%アップした。これが走りにどう影響を与えるのか、興味深い。内部構造にも大きな秘密が隠されているが、「書いてはダメです」とクギを刺されてしまった。高価なケブラーを補強材に惜しみなく使って、軽量かつ高剛性に仕上げた、とだけ表現しておこう。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nkn*****|2018/07/16 11:46

    違反報告

    新モデルタイヤが出ると旧モデルタイヤとの比較テストが行なわれ、旧モデルは決まって酷評され、新モデルが圧倒的なアドバンテージをもって評価される。しかしその旧モデルも登場した当初はそのまた旧モデルと比較され評価されている。その歴史をずっと積み重ねると神様のように素晴らしいタイヤになっていてもおかしくない。

    スポーツタイヤに至ってはラップタイムがモデルチェンジの度に秒単位で速くなっているような表現がされるが、20年前に比べるといったい何十秒速くなってるんだろう?
  • kat*****|2018/07/16 11:15

    違反報告

    あとは、価格とタイヤのライフが短い事が気になってしまう。ミシュランのPILOT SPORT4とどちらが良いか悩む。
  • ckv*****|2018/07/16 11:28

    違反報告

    ミシュランにパターン似すぎ

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します