現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗 > ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認

ここから本文です
試乗 2017.10.12 レポート:竹町 昭男 / 写真:ブリヂストン

ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認
  • ブリヂストンのブリザックVRX2に試乗。旧型からの進化ポイントを確認

ブリザック VRX2

氷上グリップ性能と同時に耐摩耗性を大きく向上

今シーズンは数多くの新型スタッドレスが誕生した。その中でもブリヂストンの「ブリザック VRX2」、何と言ってもこれに注目している人は多いだろう。ブリザックは独自の発泡ゴムが生み出す氷上グリップの高さが大きな魅力で、降雪地域で特に高い人気を継続している。新型はもちろん期待通り、氷上グリップを高めた。同時に、新たに耐摩耗性を大きく向上させた。これは見逃せないポイントだ。従来は難しかった、弱点とも言われ続けてきた耐摩耗性をなぜ向上できたのか。実は、新型には今までの発想を転換し、進化を達成した注目すべき点がある。

発泡ゴムはミクロの気泡や水路を数多く備え、氷上でスリップの原因となる氷表面の水膜を吸水してゴムを氷に密着させる。新型はコンパウンドに新しいシリカを混合して凝着摩擦を強化した。氷上グリップを高めるには、このように「氷表面の水膜の吸水」のほかに「ゴムの柔軟性」や「溝とサイプのエッジ効果」あたりが欠かせない要素と言われる。旧型までのブリザックは「エッジ効果」を徹底追求するためサイプを増やしてきた。サイプは深さ0.3~0.4ミリ程度の極細溝で、増やすとブロック剛性がダウンする。従来はブロックを大型化して剛性を確保していた。

新型は発泡ゴムの使い方を根本的に見直して、サイプを減らした。一方、ブロックは小さめにして溝を増やした。ブロック端は増えたのでエッジ効果自体は変わらない。サイプよりブロック端は接地圧が高いためエッジが効きやすいメリットもある。最適なバランスを考慮した結果、サイプを減らしたため前後ブロック剛性は24%向上。これなら耐摩耗性の大幅アップも物理的に納得できる。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • leo*****|2017/10/12 12:47

    違反報告

    いつも思うんだけど、このタイヤは今年の新作だけど、こういう試乗会はいつどこでやっているの?
    さすがに北海道でもまだ積雪は無いと思うけど、海外とか? 
    もしくは昨冬には既にタイヤが出来上がっていて、2月頃に撮影したとか?
  • hik*****|2017/10/12 23:40

    違反報告

    毎度タイヤ出る度、全モデル比、制動距離−何%、氷上性能何%向上ってあるけど、それならそろそろスタッドレスが世に出て40年は経つけど、絶対滑らないタイヤになってもいいよね??
  • pta*****|2017/10/12 20:32

    違反報告

    スタッドレスの評価記事って、どうして雪上・氷上性能だけなんでしょう?
    雪国の方々向けにはそれで良いかもしれませんが、自分のように非積雪地域に住んでる者には、通常のドライやウェットを走るのが大半で、そこの評価を知りたいのですけどね。
    個人的には、ソットゼロのように雪上・氷上性能が多少劣ってもドライ・ウェット性能が高いスタッドレスが欲しいです。
    まぁ、多くの日本人はメーカーの宣伝文句を鵜呑みにして雪上・氷上性能が良ければオールラウンドに良いタイヤだと思っているのでしょうか?

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します