現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗

ここから本文です
試乗記 2013.1.25 レポート:河口 まなぶ / 写真:中野 英幸

CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗

CLSは現代メルセデス戦略のきっかけ

メルセデス・ベンツにとってCLSというモデルは、とても矛盾に満ちた存在かもしれない。なぜならこのモデルはかつてのメルセデス・ベンツの哲学からすれば、“無”の領域に属す商品に違いないはずなのに、現代のメルセデス・ベンツにとってはある意味“最善”ともいえる解答であるからだ。

CLSが属すクラスはそもそもEクラスが受け持っていた。しかし時代が変わってアッパーミドルクラスサルーンの世界にファッション性やトレンドといった風が吹き込むようになると、それまで王道だったEクラスやBMWの5シリーズは、コンサバティブな存在になりつつあった。

そうした中で2004年に登場したのがCLSクラス。ここから“4ドアクーペ”の世界的潮流が生まれる。もっともそれは90年代に日本で生まれたカリーナEDなどにルーツを見つけることもできるがそれらは流れは生まなかった。CLS以降、特にドイツメーカーは定番のアッパーミドルクラスサルーンとは一線を画す、4ドアクーペもしくは4ドアのスポーティなサルーンを続々と送り出していくことになった。

理由はもちろん、CLSの成功があったから。CLSはそれまでのメルセデス・ベンツの哲学でいえば不要なモデルで、実際に自身がCLSをして「世の中に必要のないクルマだが、誰もが欲するクルマ」という表現を添えたほどだった。

しかしそれはメルセデス・ベンツが思い描いていた以上にヒットして人気モデルとなり、他社が続いていったわけだ。そしてもちろんメルセデス・ベンツもこうした“ニッチ”に勝機があることを知り、その後メルセデス・ベンツのラインナップにもニッチを埋めるモデルが次々と増えて行った。そうした経緯を思い返すと、実はCLSというのは現代のメルセデス・ベンツにおける戦略のきっかけだったとも言える。

この流れからするともう、CLSシューティングブレークの説明は不要かもしれない。

試乗ステージ:小田原周辺 車種:CLSクラス シューティングブレーク

    全長×全幅×全高=4970×1880×1420mm
    ホイールベース=2875mm
    車重=2030kg
    駆動方式=4WD
    エンジン=4.7リッターV型8気筒DOHC直噴ターボ
    最高出力=300kW(408ps)/5000-5750rpm
    最大トルク=600Nm(61.2kg-m)/1600-4750rpm
    トランスミッション=7速AT
    JC08モード燃費=9.4km/L
    車両本体価格=1240万円
    発売日=2012年10月12日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します