現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 7割がディーゼル購入 三菱 パジェロに試乗!

ここから本文です
試乗記 2011.12.20 レポート:岡崎 五朗 / 写真:篠原 晃一

7割がディーゼル購入 三菱 パジェロに試乗!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7割がディーゼル購入 三菱 パジェロに試乗!
  • 7割がディーゼル購入 三菱 パジェロに試乗!
  • 7割がディーゼル購入 三菱 パジェロに試乗!
  • 7割がディーゼル購入 三菱 パジェロに試乗!
  • 7割がディーゼル購入 三菱 パジェロに試乗!
  • 7割がディーゼル購入 三菱 パジェロに試乗!
  • 7割がディーゼル購入 三菱 パジェロに試乗!
  • 7割がディーゼル購入 三菱 パジェロに試乗!
  • 7割がディーゼル購入 三菱 パジェロに試乗!
  • 7割がディーゼル購入 三菱 パジェロに試乗!
  • 7割がディーゼル購入 三菱 パジェロに試乗!
  • 7割がディーゼル購入 三菱 パジェロに試乗!
  • 7割がディーゼル購入 三菱 パジェロに試乗!
  • 7割がディーゼル購入 三菱 パジェロに試乗!

現代的から古典的へ、現在のパジェロは?

ジープのライセンス生産をしていたミツビシが、世界に向けて輸出できるオフロードカーをつくりたい(契約上ジープの輸出はできなかった)という想いから82年に発売したパジェロは、狙い通り世界中で大ヒットを記録した。パリダカでの活躍も印象的だったが、ユーザー目線からいくと、それまでタフな悪路を走るためだけのクルマだったオフロード4WDを、街乗り用のトレンディーなクルマへと変えたのがパジェロの成し遂げたもっとも大きな功績だったのかもしれない。

しかし、今回乗った現行(4代目)パジェロは、意外にもそんな過去のパジェロストーリーとは真逆をいくクルマだった。見て、乗って感じたのは、骨太、タフ、実用性重視…といった言葉ばかり。80年代には「きわめて乗用車的でモダン」だったパジェロだが、乗用車をベースにしたラグジュアリーなSUVが数多く登場した現代の価値観で眺めると、その内外装や乗り味にはもはや「古典的」という表現が似合う。

もちろん、ミツビシはパジェロに現代的な価値観を与えるべく定期的なアップデートを施してきた。そのうちのひとつが2010年に投入したクリーンディーゼル。世界でもっとも厳しい日本のポスト新長期規制をクリアする3.2リッター直4ディーゼルはユーザーから大きな歓迎を受け、現在では日本で販売されるパジェロの約7割を占める。さらに、2011年10月には内外装のブラッシュアップを実施。メッキ部分を増やしたフロントグリルやボディ同色にしたフロントバンパーなどによって迫力と上質感を演出。インテリアにもメーター色やシート地の変更を加えている。

とはいえ、1メートルポール規制に対応するための補助ミラーは依然として残っているし、インテリアの樹脂パーツの質感も決して高くない。安いグレードでも260万円。最上級グレードともなれば500万円近いプライスタグを付けているクルマだけに、内外装の仕上げにはもうひと頑張りを期待したいところである。

試乗ステージ:横浜市内 車種:パジェロ・ディーゼル

    全長×全幅×全高=4900mm×1875mm×1870mm
    ホイールベース=2780mm
    車両重量=2260kg
    駆動方式=4WD
    エンジン=3.2リッター直列4気筒DOHCターボディーゼル
    最高出力=140kW(190ps)/3500rpm
    最大トルク=441Nm(45.0kg-m)/2000rpm
    トランスミッション=5速AT
    10・15モード燃費=10.6km/L
    JC08モード燃費=10.4km/L
    車両本体価格=476万7000円
    発表発売:2011年10月20日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します