現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > アウディTTSのMC版に速攻試乗。変化はわずかだが特別仕様車に注目

ここから本文です
スクープ 2018.8.2 レポート:木村 好宏 / 写真:Kimura Office

アウディTTSのMC版に速攻試乗。変化はわずかだが特別仕様車に注目

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アウディTTSのMC版に速攻試乗。変化はわずかだが特別仕様車に注目
  • アウディTTSのMC版に速攻試乗。変化はわずかだが特別仕様車に注目
  • アウディTTSのMC版に速攻試乗。変化はわずかだが特別仕様車に注目
  • アウディTTSのMC版に速攻試乗。変化はわずかだが特別仕様車に注目
  • アウディTTSのMC版に速攻試乗。変化はわずかだが特別仕様車に注目
  • アウディTTSのMC版に速攻試乗。変化はわずかだが特別仕様車に注目
  • アウディTTSのMC版に速攻試乗。変化はわずかだが特別仕様車に注目
  • アウディTTSのMC版に速攻試乗。変化はわずかだが特別仕様車に注目
  • アウディTTSのMC版に速攻試乗。変化はわずかだが特別仕様車に注目
  • アウディTTSのMC版に速攻試乗。変化はわずかだが特別仕様車に注目
  • アウディTTSのMC版に速攻試乗。変化はわずかだが特別仕様車に注目
  • アウディTTSのMC版に速攻試乗。変化はわずかだが特別仕様車に注目
  • アウディTTSのMC版に速攻試乗。変化はわずかだが特別仕様車に注目
  • アウディTTSのMC版に速攻試乗。変化はわずかだが特別仕様車に注目

ダイナミック性能のアップデートも控え目

エンジンはアップデートされている。これまでベースモデルに搭載されていた1.8リッターは2.0リッターに変わり、出力によって定まる新しいTTのモデル名は「TT 40 TFSI」が197ps、「TT 45 TFSI」が245psでこちらはオプションでクワトロ(4WD)仕様が選択できる。トランスミッションはベースモデルでは6速MTが標準、7速Sトロニック(DCT)がオプションである。

テストの主役であるTTSでは、最高出力はOPF(※今後欧州などで装着が広がるガソリン車用の排気微粒子フィルター)が装備されたためか、306psと出力がわずかに落ちていたが、7速Sトロニックとハルデックスクラッチによる4WDが組み合わされたダイナミック性能は若干向上し、0-100km/hは4.5秒、最高速度は250km/hでリミッターが介入する。

試乗会が行われたのはマン島だ。“TT”という名前がこの島で行なわれる有名な2輪レースの「マン島TT」から来ているのは言うまでもないだろう(※)。今回は、実際に競技に使うコースの一部であるマウンテンコースを封鎖して行われた。最高速度は一応90mph(145km/h)と推奨され、念のためにペースカーが先行する。

(※)マン島TT。ツーリスト・トロフィー(TT)と呼ばれる公道バイクレースで、1938年にはアウディの母体となったメーカーのひとつであるDKW社が「ULD 250」でクラス優勝。1967年には同じく後にアウディの基礎となるNSU社が「プリンツ 1000」にTTと名付けられたスポーツバージョンを発表している。

スポーツカーにとって最高のシチュエーションを得て、TTSはそのダイナミック性能を存分に発揮した。スタンダードよりも1cm低められた車高、19インチにアップされたタイヤ、クワトロシステムが荒れた路面にも関わらず素晴らしいロードホールディングを発揮する。

ただし、ドライブセレクトで「ダイナミック」を選択するとダンパーはハードに、ステアリングも手応えを感じるが、あくまでも“スポーツモード”でクローズドサーキット(や、それに近いシチュエーション)での本格的な走行は意図していない。特にステアリングはもっとダイレクトであって欲しかった。

ともあれ、TTSはロードコースでは十分に操る楽しさを与えてくれる存在だった。パワートレーン関連で気になったのはターボラグがちょっと目立った点だが、それ以外ではパワフルでスポーティなドライブを約束してくれるだろう。要するにダイナミック・パフォーマンス全体もデザインの変化と同じく、ミニマムなアップデートに終始していた。

試乗ステージ:マン島

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • goa*****|2018/08/02 18:47

    違反報告

    いいねぇ、車はこうでなくっちゃいけないねぇ
  • qzt*****|2018/08/02 17:53

    違反報告

    アウディの中古は査定ゴミ扱いなんで夢見るのはやめましょう
  • tl1*****|2018/08/02 12:26

    違反報告

    本当に僅かな違いですね。
    前期型が値下がりしなさそうで
    良かった。

    8Jの時は、2011MY辺りで随分と
    外観が、TTS化したりLEDやらで
    価格差以上にいろいろありましたが。

    TTS買取見積もりしてみようかな。
    3000km 2年落ちで、500万位だといいんですけど
    後の着信がうっとおしいのが嫌ですが。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します