サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ボルボ V60は高い安全性とスタイルが魅力的だけど乗り心地は好みが分かれるかも

ここから本文です

ボルボ V60は高い安全性とスタイルが魅力的だけど乗り心地は好みが分かれるかも

JAIA輸入車試乗会、「ボルボ V60」にチョイ乗りしました。金は出すけど口は出さない強力なパートナー、中国の「吉利汽車(ジーリー)」に支えられ、一気にラグジュアリー性を向上させた新世代ボルボ。SUVのXC90から始まり、S90&V90、そしてXC60とラグジュアリー&スタイリッシュなラインアップが揃ってきたものの、どれも国内では持て余す大きさ。「もう少し小さくしてほしい!」という日本からの強い願いを受け、全幅を先代比15mm縮小し1850mmとして登場したのがこのV60なのであります。15mmっていうと1.5cm…。気になるサイズ感からチェックしてみます。

価格帯はやや違いますが、イメージしやすい比較対象として全国的に見ることができる「アテンザ ワゴン」と比べてみます。アテンザワゴンは全長4805×全幅1840×全高1480mmで、V60は全長4760×1850×1435mmと全高こそルーフレール分アテンザワゴンのほうがやや高めですが、全体的なサイズ感は近い感じ。言ってしまうとアテンザは国内では大きく感じるサイズなので、結局の所大きいかも…。全幅が1800mm以内だったらもっと使いやすいのでは思ったりしますが、その分室内の広さは十分あり、特に後席の足元は広々としていて居住性は快適と言えます。

色気すら感じる低くワイドでスラリとしたそのスタイリング。それだけでも選んでしまいそうな魅力がありますが、やはり走りが気になります。2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンは最高出力254ps、最大トルク35.7kgを発生し、1.7トンのボディを十分に加速させ、ドイツ車のようなどっしり感までは無いものの、直進安定性は良好。操舵感は軽すぎず重過ぎずといった具合で女性でも扱いは難しくなさそうです。

乗り心地はというと、試乗車の「T5 インスクリプション」に装着されていたオプション設定の19インチホイールとタイヤの影響なのか、思いの外スポーティ。全体的に当たりがやや硬めという印象を持ちました。17インチを装着するベースグレードの「T5 モメンタム」であれば印象が違うかもしれません。

そしてボルボと言えば高い安全性。カタログの主要装備表の安全装備を数えたら42もあり、このあたりはさすがといったところ。特にACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)や車線維持支援機能の性能の高さは定評があり、その安全性だけでもこのクルマを選ぶ価値は十分にあると言えます。

さて気になるお値段。今回試乗したV60の上級グレードとなる「T5 インスクリプション」の車両本体価格は599万円。輸入車で同クラスと言えそうなメルセデス・ベンツCクラスワゴン「C 200 ステーションワゴン アヴァンギャルド」が584万円、アウディのA4 アヴァント「A4 40 TFSI スポーツ S トロニック」が585万円と拮抗しています。

充実した安全装備、そして街中でも存在感高そうなモダンでオシャレなスカンジナビアンデザインのワゴンという魅力はありますが、乗り心地は好みが分かれそうな気がするので、ご興味ある方は一度試乗することをおすすめします。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します