サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 地味&マジ。群馬流ハイテク・アイサイトの技術レベルは今どのへん?

ここから本文です

地味&マジ。群馬流ハイテク・アイサイトの技術レベルは今どのへん?

自動運転の走りの「ふるまい=質」が注目される時代に

とはいえ今回アイサイトがツーリングアシストで問題提起した部分はなかなかで、それは運転支援制御の「質」であり「ふるまい」方です。人間だって同じ「陳謝」でも、謝り方に一から百まであるように、同じ自動ブレーキにしても質の違いがある。なかなか言葉にし難い領域での良し悪しがあるわけです。

実際、スバルが今回煮詰めたのはハードウェアではなく、ソフトウェアで、具体的には制御の閾値、つまりパラメーターを最適化したようで、スバルはそのために日本国内を10万kmもテスト走行し、今回走った首都高なんて「ほとんどホームグラウンド」になったそうです。出来るメニューの多さではなく、質にこだわることを問う。そういう意味では、画期的なのではないでしょうか。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します