サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 地味&マジ。群馬流ハイテク・アイサイトの技術レベルは今どのへん?

ここから本文です

地味&マジ。群馬流ハイテク・アイサイトの技術レベルは今どのへん?

ライバルには装着済みの技術に拍子抜けな印象も…

さてスバルが満を持して投入してきた新型アイサイト・ツーリングアシスト、今回から「ver.なんとか」表記はやめたようですが、最初に中身を聞いた時は拍子抜け。なぜなら今やライバルに当たり前のように付いているオートレーンチェンジが付いてないので。ハードウェア的にも既存のステレオカメラのみで新たな横方向センサーの追加もなし。

進化内容を一言で言うと今までアイサイトver.3では、一部の速度限定だったアクセル、ブレーキ、ステアリングの連動制御、つまり日産プロパイロット言うところの「同一車線内セミ自動運転」が全車速で可能になっただけ。そして当然ながら他社と同じく高速道路限定。

具体的には0~120km/hまでは、発進してスイッチを入れれば、ドライバーはステアリングを握っているだけでセミ自動運転が可能になりました。冷たくいうと既にライバルがほぼ実現している技術ではあるのです。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します