サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スズキ ソリオ Gグレード以外がおすすめ。シートアレンジならトヨタ ルーミーだが、走りの質感は圧勝

ここから本文です

スズキ ソリオ Gグレード以外がおすすめ。シートアレンジならトヨタ ルーミーだが、走りの質感は圧勝

完成度ならソリオ、シートアレンジ重視ならルーミー

スズキ ソリオのグレードラインナップというかモデルラインナップは、標準モデルである「ソリオ」と、他社で言うところのカスタム系に相当する「ソリオ バンディット」の2つに、まずは大きく分かれます。

カスタム系と言えるバンディットではありますが、「ギラギラしたメッキパーツを多用することで存在感を出す」という安直なデザイン手法は採用していないため、ギラギラ系は好まない「大人のユーザー」でも、違和感や嫌悪感は抱かないものと思われます。

そのうえで、ソリオおよびソリオ バンディットのグレードラインナップは以下のとおりとなっています。

【ソリオ】
・HYBRID MZ|202万2900円~
ソリオの最上級グレード。

・HYBRID MX|185万200円~
ソリオの中間グレード。最上級グレードとの違いはヘッドアップディスプレイやLEDランプ類の有無など。スズキ セーフティ サポート非装着車もあり。

・G|158万1800円~
ソリオの最廉価グレードで、マイルドハイブリッドシステムは無し。スズキ セーフティ サポートは標準装備だが(※非装着車もあり)、アダプティブクルーズコントロールは無し。

【ソリオ バンディット】
・HYBRID MV|200万6400円~
個性的で上質な内外装デザインを採用。ソリオMZは両側パワースライドドア標準装備であるのに対し、バンディットMVは左側パワースライドドアのみ標準装備。

上記のなかからベストグレードをひとつだけ選ぶのは難しいですが(車に求めるものや予算は人それぞれであるため)、ソリオの最廉価グレードである「G」は避けたほうがいいでしょう。発進時のスムーズさに大いに寄与するマイルドハイブリッド機構が付かないのは痛いですし、後部ドアが左右とも手動であるというのもいささか不便だからです。

スズキ ソリオのライバルとなるのは、ずばりトヨタ ルーミーです。先代のスズキ ソリオがスマッシュヒットしたことで、それをターゲットにダイハツとトヨタの連合軍が急きょ開発したのがルーミーという車。そのためサイズや個性はかなり似通っている両者ですが、車としての出来(特に走行フィールの良し悪し)に関してはスズキ ソリオの「圧勝」といえます。

それゆえ、「ファミリーユースの実用車とはいえ、ドライビングフィールにもそれなりにこだわりたい」とお考えの人は、トヨタ ルーミーではなくスズキ ソリオを選んだほうが、確実に幸せになれるでしょう。

ただし「シートアレンジの容易さ」などに関しては、トヨタ ルーミーのほうが一枚上手と感じられます。運転自体ではなく「そちらの方面」を重視したい人にとっては、トヨタ ルーミーも決して悪くはない選択です。

次のページ>>スペック例

このページの写真:ソリオ バンディット HYBRID MV

【 スズキ ソリオのその他の情報 】
スズキ ソリオの買取相場

【 スズキ ソリオハイブリッドのその他の情報 】
スズキ ソリオハイブリッドの買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します