サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > Gクラス史上最強の4輪駆動「G 550 4x4²」が登場。価格は3510万円

ここから本文です

Gクラス史上最強の4輪駆動「G 550 4x4²」が登場。価格は3510万円

メルセデス・ベンツ日本は4月4日、Gクラス史上最強の4輪駆動「G 550 4x4²(フォー・バイ・フォー・スクエアード)」を発表し、特別仕様車として期間限定(※1)で発売した。価格は3510万円。アジア地域で販売されるのは、現在のところ日本のみとなる。

また、4月4日を「四輪駆動の日」として記念日登録(※2)し、GLAからAMGモデルまでバリエーション豊かなラインアップを揃える、SUV王国としてのメルセデスもアピールした。

※1:2016年4月4日(月)から同5月31日(火)まで
※2:一般社団法人・日本記念日協会によって認定

オフロードモンスターの弟分

「G 550 4x4²」は、一昨年の4月に発売された6輪駆動のオフロードモンスター「G63 AMG 6×6(8000万円)」の弟分として、圧倒的なオフロード性能を受け継ぎながら、より現実的に仕上げられたモデルだ。

ディメンションは、全長4520×全幅2100×全高2240mm、最低地上高460mm。「G550(全長4575×全幅1860×全高1970mm、最低地上高235mm)」と比べると、全長がやや短い一方で、ワイドトレッド化と高められた最低地上高が際立つ。タイヤサイズは325/55R22。渡河深度は「6×6」と同様、大台の1メートルに達した。

パワートレーンはG550と同じく、4.0リッターV8・直噴ツインターボ(421ps/610Nm)にアイドリングストップ付きの7速ATが組み合わされる。

悪路はもちろん、オンロードも得意

シャシーは量産のGクラスをベースとしている一方、防弾仕様車の技術を活かした「ポータルアクスル」による地上高アップ、ラリー強化仕様の「ツインサスペンション」、ロック機構付きの3つのディファレンシャルギアなどによって、悪路走破性が飛躍的に高められている。

各ホイールに2本の平行するスプリング/ダンパーストラットを搭載したツインサスペンションでは、一方のスプリング/ダンパーストラットが固定された減衰特性で動作し、もう一方が電子制御可変ダンパーによって減衰力を調整する。この構成によって、スポーツモードとコンフォートモードの間でキングピン傾角を大きく取ることが可能となり、悪路での操縦性だけではなく、オンロードではスポーティな走りを実現しているという。

ボディカラーは「designo マグノプラチナムマット(写真)」を含む全4色。カーボンファイバー製のオーバーフェンダーやLEDライト付フロントルーフスポイラー、ステンレス製アンダーガードなどに加え、日本専用装備として360°カメラシステムやパークトロニック、日本語対応のCOMANDディスプレイなどが装備される。

次のページ>>スペック例

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します