サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ステップ ワゴンがマイナーチェンジでスパーダのHVモデルに気合を集中

ここから本文です

ステップ ワゴンがマイナーチェンジでスパーダのHVモデルに気合を集中

9月28日、マイナーチェンジした「ステップ ワゴン/ステップ ワゴン スパーダ」が発表されました。今回のチェンジでは全グレードに安全運転支援システム「ホンダ センシング」を標準化。また、スパーダはハイブリッド車が設定され、フェイスリフトも受けています。

主な変更点

==========
・スパーダに2モーター・ハイブリッド車(25.0km/L)を設定
・スパーダのフロント、リアスポイラーのデザインを刷新
・全グレードにホンダセンシングを標準化
・スパーダのハイブリッド車は渋滞追従機能付ACCを搭載
==========

今回のチェンジは“スパーダ推し”。ハイブリッド・モデル導入も、エクステリアデザインの刷新もスパーダのみとなります。エクステリアはヘッドライト・フロントグリル・フロントバンパー・フェンダー・ボンネットフード・リアスポイラーが変更されました。

ハイブリッド・モデルはFFのみの設定で、2.0Lアトキンソンサイクルエンジンに2モーター内蔵の電気式CVTを組み合わせシステムトータルで184psと315Nmを発生、JC08モード燃費は25.0km/Lとなります。ちなみにガソリン車は従来と変わらない150psと203Nmを発生する1.5L直噴ターボで、JC08モード燃費は17.0km/L(※B ホンダセンシング FFモデルの場合)。

さらにハイブリッド・モデルはボディ各部に補強が施され、ハイテン材の適用範囲も広げられるなどガソリン車比でボディ剛性を高めたほか、サスペンションの専用チューニング、パフォーマンスダンパーの追加(ホンダミニバン初)、ブレーキディスクの大径化、エンジンマウントの改良、電動パーキングブレーキ、フロントガラスの板厚アップを含む様々な静粛性向上対策などが施され、パフォーマンスや静粛性が高められた上級仕様になっています。また、ATセレクターやメーター内の一部表示もハイブリッド専用です。

一方、全グレードで標準装備となったホンダ センシングには、歩行者事故低減ステアリング機能が新たに採用されました。さらに、スパーダのハイブリッド・モデルは渋滞追従機能付ACCも搭載されています。

価格

<ステップ ワゴン>
B ホンダ センシング  ……245万5920円(FF)
            ……271万5120円(4WD)
G ホンダ センシング  ……266万1120円(FF)
            ……289万8720円(4WD)
G・EX ホンダ センシング……286万2000円(FF)
            ……307万8000円(4WD)

<ステップ ワゴン スパーダ>
スパーダ ホンダ センシング          ……285万2280円(FF)
スパーダ・クール スピリット ホンダ センシング……305万1000円(FF)
スパーダ・クール スピリット ホンダ センシング……324万5400円(4WD)
ハイブリッド B ホンダ センシング       ……330万480円(FF)
ハイブリッド G ホンダ センシング       ……335万160円(FF)
ハイブリッド G・EX ホンダ センシング     ……355万9680円(FF)

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します