サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > マツダ CX-5 ベースグレードでも先進装備は標準。ライバルも実力伯仲だがデザインで優勢

ここから本文です

マツダ CX-5 ベースグレードでも先進装備は標準。ライバルも実力伯仲だがデザインで優勢

内外装デザインと走行性能が自慢のミドルサイズSUV

マツダ CX-5は、その初代モデルは2012年に登場したミドルサイズのクロスオーバーSUV。現在は2017年2月に発売された2代目が現行モデルとして販売されています。

2代目CX-5のキーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」で、このキーワード自体はわかるようなわからないような感じです。しかし結論としては、「魂動(こどう)」と呼ばれるマツダのデザインコンセプトを進化させ、洗練と力強さが同居した内外装デザインおよび走行性能をもつ、ナイスなクロスオーバーSUVに仕上がっています。

ボディサイズは全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mmで、デビュー当初の搭載エンジンは2.2Lディーゼルターボと、2Lおよび2.5Lのガソリン自然吸気。2018年10月には最高出力230psの2.5Lガソリンターボエンジンを追加しました。

2.5Lターボエンジンの追加以外にも細かな改良を何度も行い、その商品力を高め続けているマツダ CX-5ですが、直近では2020年12月3日に2.2Lディーゼルターボエンジンの最高出力を200psまで向上させると同時に、アクセルペダルの操作力も最適化。ディーゼル車ならではの強力なトルクを、より緻密にコントロールできるよう改善されています。

またこのタイミングで自然吸気ガソリンエンジンの6速ATの応答性が向上し、内装ではセンターディスプレイのサイズも拡大。さらに、いわゆるコネクテッドサービスも導入されました。

マツダCX-5の特徴となるのは、クロスオーバーSUVとしての利便性はもちろんですが、それ以上に「美しい内外装デザイン」と「G-ベクタリング コントロール プラスなどのこだわりの技術がもたらす良好な走行性能」でしょう。美しくてよく走って、なおかつ人も荷物も載せられるミドルサイズの車をお探しの方は、買う買わないは別として、マツダ CX-5はぜひともチェックしておくべき存在のひとつです。

次のページ>>先進装備は標準、ベース車はレーンキープやアダプティブLEDが非装備

※このページの写真:CX-5 Exclusive Mode ソウルレッドクリスタルメタリック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します