サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > メルセデスAMG、新型Gクラス最強モデル「G63」をワールドプレミア

ここから本文です

メルセデスAMG、新型Gクラス最強モデル「G63」をワールドプレミア

今年1月のデトロイトモーターショーで発表された新型「メルセデス・ベンツGクラス」に、シリーズ最強モデルの「G63」が加わることが明らかになった。メルセデスは3月に開催されるジュネーブモーターショーで同モデルを初披露すると13日、発表した。

新型メルセデスAMG G63が搭載するパワーユニットは、4リッターV8ツインターボ。AMGの熟練した職人により手作業で組み上げられるエンジンのスペックは、最高出力577hp、最大トルク850Nmとなっている。従来の5.5リッターV8ツインターボにヒケをとらないスペックを実現しているばかりか、0-100km/h加速タイムは0.9秒速くなり、4.4秒を実現する。

最高速度はリミッターにより220km/hに制限されるが、オプションの「AMGドライバーズパッケージ」を装着することでこれを240km/hに引き上げることができる。なおこのエンジンは単にパワフルなだけでなく、低負荷時には4気筒停止させる気筒休止システムにより高効率化が図られている。

トランスミッションは、9速ダブルクラッチ式のAMGスピードシフトTCT 9Gを搭載。このトランスミッションは「スポーツ」または「スポーツプラス」に選択するとダブルクラッチ機構が働き、官能的なドライブフィールを実現する。また「マニュアル」に切り替えて、シフトノブやパドルシフトで手動変速を楽しむことも可能だ。

4WDシステムはオンロードでのパフォーマンスも追求された「AMG パフォーマンス4マチック」を搭載する。従来の4WDシステムが前後50:50で駆動配分したのに対し、新システムは前後40:60と後輪の駆動力が強められているのが特徴。もちろん副変速機でローレンジに切り替えて走行することも可能だ。

フロントがダブルウイッシュボーン式へと改められた新型Gクラスだが、そのサスペンションにも、もちろんAMGによるチューニングが施されている。選択されたスプリングはコンベンショナルなコイル式で、オンからオフまでオールラウンドな性能が追求されているとのこと。なおダンパーは乗り心地を調整可能な可変タイプが採用され「コンフォート」「スポーツ」「スポーツプラス」の3モードから選択することが可能だ。

エクステリアは、前後にオーバーフェンダーを採用するのがAMGモデルの特徴。ホイールは21インチと22インチが選択できる。このほか前後バンパーやマフラーも専用品となり、標準モデルとの差別化が図られている。

新型G63は3月6日のジュネーブモーターショーでのワールドプレミアを経て、2018年末の北米ローンチを皮切りに順次発売予定となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します