サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > レクサスGSに試乗 アリストの影はもはや皆無

ここから本文です

レクサスGSに試乗 アリストの影はもはや皆無

少しずつ磨き上げていく姿勢

V8モデルの排気量を4.3リッターから4.6リッターに拡大したほか、各部に大きなメスを入れてきた昨年のレクサスGS。そんなわけで09年モデルの変更は小規模だ。リアドアウィンドウ&リアウィンドウへのプライバシーガラスの標準設定、カードキーの標準設定、室内照明の照度変更、センタークラスターボタン類の英語表記オプション設定、450hのバッテリー位置変更によるラゲッジルームの拡大。以上が変更内容のすべてである。

もっとも、約3年に1度のマイナーチェンジ以外では小変更も加えないのが日本車の常。そういう意味で、毎年少しずつ磨き上げていく姿勢はレクサスならではのものと言っていいだろう。今回はGS460に試乗したが、印象は昨年のモデルとほぼオーバーラップするものだった。詳細は昨年のレポートをご覧いただくとして、今回は違う角度から、レクサス、そしてGSというクルマの魅力に迫っていきたいと思う。

フラッグシップモデルのLSと、エントリーモデルのISの間に挟まれたGSは、BMW・5シリーズやメルセデス・ベンツEクラスを仮想ライバルとするレクサスの中核モデルだ。そのルックスにはかすかにアリストの面影を感じるものの、発売開始=アリスト生産中止からすでに3年が経ち、当初感じていた違和感はずいぶん減ってきた。すなわち、アリストにレクサスバッジを付けただけではないのか? というネガティブな印象はもはやほとんど感じられないということだ。

もっとも、本当のことを言うとのっけからGSはアリストのバッジ違いなどではない。開発の企画段階からさらなる高みを目指して開発されたエクスクルーシブなモデルなのだ。その証拠に…

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します