サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型C-HR×TRD流カスタム『Aggressive Style』を紹介

ここから本文です

新型C-HR×TRD流カスタム『Aggressive Style』を紹介

TRDは12月14日、新型コンパクトSUV「C-HR」の発売に合わせ、サーキットをコンセプトにした『Aggressive Style(アグレッシブ スタイル)』と、ラリーをコンセプトにした『Extreme Style(エクストリーム スタイル)』という全く異なるジャンルのエアロキットを発売した。ここでは『Aggressive Style』をメインにご紹介していこう。

視覚的な低重心を狙い、ブラックアウトも多用したスポーティスタイル

新型C-HRに対し、TRDは“Your Only Fun SUV ~あなただけのSUVの楽しさを提案~”をキーワードに開発を進めた。『Aggressive』と『Extreme』、スタイルが全く異なる2バージョンのエアロキットだが、直進安定性と操縦安定性の向上という狙いは共通だ。

『Aggressive Style』は、フロントスポイラー&サイドスカート&リアバンパースポイラーのエアロパーツ3点セットと、フロントバンパーガーニッシュ、リアトランクスポイラー、18インチ・アルミホイール「TRD TF6」&ナットセットによって完成する。

カナード(先尾翼)を連想させるウィング部が特徴的なフロントスポイラーは、踏ん張り感やロアグリルをより大きく見せる効果を狙ったもので、高輝度LEDは有/無を選ぶことができる。サイドスカートは製品の表側だけではなく、裏側の形状にもこだわって空力効果を狙っているという。また、リアバンパースポイラーは整流効果はもちろん、下部にボディと同色を増やすことによって重厚感を付与している。

「モーションコントロールビーム」と「スポーツシートカバー」にも注目

現行プリウス用として初採用された「モーションコントロールビーム」は、走行中に発生する微振動を減衰し、ボディ剛性も高めて応答性を向上させるアイテム。C-HRでは、フロントバンパーリンフォース前とリヤバンパーリンフォース後ろの2ヶ所に装着して、よりスポーティかつ快適な走りを生み出している。

「スポーツシートカバー」は、全車種を通じて初めての設定となる。フルバケットシートの知見を基に開発されたこの新アイテムは、一般的なウレタンの10倍以上の吸収力を発揮するという“エクスジェル”を背面と腰部のサポートパッドに、座面に低反発ウレタンを採用。ドライバーの体を点ではなく面で支えることによって、スポーティドライブでの安定したドラポジや、長時間ドライブでの疲れにくさを実現したという。

『Aggressive Style』

エアロパーツ3点セット(LED付き・フロントスポイラー&サイドスカート&リアバンパースポイラー)=塗装済:17万8200円、素地:16万8480円
フロントバンパーガーニッシュ(ブラック)=3万4560円
リアトランクスポイラー=塗装済:3万4560円、素地:2万9000円
18インチ・アルミホイール「TRD TF6」&ナットセット(ブラックマイカ)=16万9020円

※価格はすべて税込み

【“素のC-HR”はこちらからチェック!】

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します