サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型アウディA1スポーツバックが本国で発表 全長が大幅に拡大

ここから本文です

新型アウディA1スポーツバックが本国で発表 全長が大幅に拡大

独アウディは20日、コンパクトカーの新型「A1スポーツバック」を初公開した。2010年に誕生したアウディのエントリーモデルは、2代目ではどんな進化を遂げるのか。

エクステリアで注目のポイントは、全長が大幅に拡大されること。現行モデルに比べると56mm延長され、全長は4.03m、全幅は1.74m、全高は1.43mとなる。

ボディサイズの変更に合わせ、デザインも一新される。フロント周りは1984年に登場しモータースポーツで活躍した名車「スポーツクワトロ」にインスピレーションを受け、ボンネット下の3分割されたスリットやフロントフェンダーのエッジを際立たせたデザインなど往年のモチーフを取り入れた。フロントグリルもより立体的な形状となり、ひと目で新型とわかる新鮮な表情が与えられる。

インテリアは、コンパクトクラス中もっともスポーティなデザインが目指されている。コクピットはドライバーを中心に、エモーショナルな雰囲気を追求。MMIタッチディスプレイを含め、すべての操作系がドライバーにとって扱いやすいレイアウトとなる。またオプションでLEDアンビエントライトが設定され、30色から光の色を選択できるという。

コネクテッド系の装備も充実し、Apple CarPlayおよびAndroid Autoへの対応をはじめ、USBポートを2つ用意するなどスマートフォンとの連携や充電を考慮したつくりとなる。

また、運転支援装置については、歩行者やサイクリストも検知可能な自動緊急ブレーキをはじめ、リアカメラ、駐車位置ガイド付きのリアパーキングアシスト、車線逸脱装置などが採用される予定だ。

新型A1スポーツバックの販売計画については、欧州では2018年夏に受注が開始され、同年秋にデリバリーが開始される予定。ドイツでのスタート価格は2万ユーロ(254万円)を切る設定となるという。

次のページ>>A1スポーツバック フォトギャラリー

【関連記事】
新型A1を先行取材。その進化はポロやミニの牙城を崩すために

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します