サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 初代NAから現行NDの「RF」まで…新旧ロードスターを写真で紹介

ここから本文です

初代NAから現行NDの「RF」まで…新旧ロードスターを写真で紹介

5月最後の週末、ファン有志による『ロードスター軽井沢ミーティング2016(http://www.karuizawa-meeting.com/index.html)』が開催され、初代NAから現行NDまで、イベント史上最多となる1363台の新旧ロードスターが一同に集った。

ロードスターは今年4月22日、累計生産台数が節目の100万台に到達。1989年4月に初代NA型の生産をスタートして以来、27年目での快挙となった。この数字はもちろん「2人乗り小型オープンスポーツカー」として世界最多で、ギネス認定記録を今も更新し続けている。

そのロードスターとともに歩み続けてきた「軽井沢ミーティング」は、今年で24回目を数える。イベント当日は、ロードスター開発主査の山本修弘さんやチーフデザイナーの中山雅さんをはじめとしたマツダ関係者も参加し、さらにハードトップ版の「RF」がサプライズで日本初公開された。

ここではイベントの模様と、初代NAから現行NDの「RF」、さらには今月の『グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード』で欧州初公開される「スパイダーコンセプト」と「スピードスターコンセプト」を写真で紹介していこう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します