サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > メルセデス、2代目となる新型CLAシューティングブレークを世界初披露

ここから本文です

メルセデス、2代目となる新型CLAシューティングブレークを世界初披露

独メルセデス・ベンツは3月5日、ジュネーブモーターショーの会場でフルモデルチェンジした新型「CLAシューティングブレーク」を発表した。

4ドアクーペの「CLA」をベースに、なだらかなルーフを持つ荷室を与え、往年の狩猟向けパーソナルワゴンを意味するサブネームを付した「CLAシューティングブレーク」は、2014年のロサンゼルスモーターショーでデビュー。リアゲートを備える実用性もさることながら、スタイリッシュなワゴンモデルとして人気を博してきた。

デビューから約5年のタイミングで実施された今回のフルモデルチェンジは、基本的にベースとなるCLAと同じ内容で、AIを使った音声認識システム「MBUX」やデジタルインストゥルメントパネルといった最新装備が与えられる。よりワイド化されたトレッドなど、スポーティな足回りのチューンもアピールポイントだ。

キャラクターラインをミニマムとしたエクステリアは4ドアクーペと共通のモチーフだが、ワゴン化によりサイドから見た印象はさらに伸びやかなものとなった。4688mm×1830mm×1442mmのボディサイズは、先代より48mm長く、53mm幅広い一方、車高は2mm下げられており、シューティングブレークのキャラクターがより明確になった。もちろん、ルックスだけでなくリアを中心に居住性の改善も図られており、後席の肘周りは44mm、肩周りは22mmスペースが拡大されている。デザイン重視のワゴンだけに荷室容量は505リッターにとどまるが、先代からは10リッターの容量増を果たしており、リアシートを倒せば高さのある荷物も飲み込むユーティリティの高さはなかなかのものといえるだろう。

現時点で発表されているグレードは、2リッター4気筒ガソリン(最高出力225hp、最大トルク350Nm)と7速DCTを組み合わる「CLA250」のみだが、本年9月の販売開始時には、ディーゼルとガソリンそれぞれにさらなるバリエーションが追加される。またマニュアル仕様やAWD仕様も加わる予定だ。日本の道路事情に適したサイズのモデルだけに、早期の国内導入を期待したいところだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します