サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 欧州の最新排ガス規制をクリアするディーゼルを搭載したメルセデスAクラスは30万円高

ここから本文です

欧州の最新排ガス規制をクリアするディーゼルを搭載したメルセデスAクラスは30万円高

メルセデスのコンパクトカー初のディーゼルモデル

メルセデス・ベンツ Aクラスにディーゼルモデル「A 200 d」(399万円)が設定されたのを機に編集が試乗しました。

メルセデスのコンパクトカー初のディーゼル搭載モデルとなるA200dは、「Cクラス(C220d)」も使う2.0Lディーゼルエンジンを、FF車向けの横置き仕様にして搭載。最高出力150ps/最大トルク320Nmと、C220d(194ps/400Nm)より穏やかなスペックですが、欧州で2020年に施行される最新排ガス規制のユーロ6d NORMに適合するべく、NOx(窒素酸化物)とPM(微粒子)というディーゼル特有の有害物質を大幅に低減する、最新の排ガス処理システムを搭載しています。

価格は399万円で、ディーゼルエンジン搭載による価格アップ分は30万円(ガソリンエンジン搭載のA180スタイル比)。編集的にはディーゼルならではのトルクフルな燃費や高速巡航性能に加え、1段多い8速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)を採用し、コストのかかる排ガス処理装置も備えるA200dがプラス30万円というのは安い気もします。

次のページ>>先進装備満載の試乗車は400万円台後半に

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します