サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > Eクラスが大幅改良でCクラスとのデザイン差別化や大幅なデジタル化を導入

ここから本文です

Eクラスが大幅改良でCクラスとのデザイン差別化や大幅なデジタル化を導入

インフォテインメントや先進アシスト機能も最新レベルに

メルセデス・ベンツのアッパーミドルセグメントを担当する「Eクラス」は、戦後のW114以来同社の屋台骨を支える重要なモデルで、1993年のW124からEクラスと命名されている。現行モデル(W213)は2016年に登場しているが、このモデルからはセダン、ワゴン(Tモデル)、クーペ、カブリオレに加えてオールテレインと呼ばれる「アウディ オールロードクワトロ」のようなクロスオーバーワゴンが加わり、昨年までの4年間に120万台が販売されている。

そして4年目に入った今年、アップグレードが行われた。メルセデス・ベンツはこうしたフェイスリフトのことを社内では「MOP」と呼ぶ。別に掃除用具ではなく、ドイツで「モデルメインテナンス (Model Pflege)」を意味する。

今回のMOPのテーマは、まずデザイン上でCクラスとの差別化を明確にすること、そしてこれまでAクラスから始まったインフォテイメント「MBUX」、さらにADASの最新レベルへのアップグレードなどが挙げられている。もうひとつ、これまで存在していたベース仕様がキャンセルされ、トリムはアバンギャルド、エクスクルーシブ、AMGラインの3種類となった。

前述のようにEクラスにはバリエーションが多く、今回の試乗会には「オールテレイン」が欠席していたが、それでも一日4台を試乗する大忙しのテストデイとなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します