サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 斬新かつ華やかな異端児、イヴォークコンバーチブルは買いか?

ここから本文です

斬新かつ華やかな異端児、イヴォークコンバーチブルは買いか?

大事なのはカッコいいかどうか

ランドローバーが、“コンバーチブルSUV”という類まれなジャンルのレンジローバー・イヴォークコンバーチブルを開発した。本国発売から遅れること約半年、このほど日本にやってきた。コンバーチブルSUVとはいうが、ベースとなったイヴォーククーペはクーペとSUVをかけ合わせたクロスオーバーに分類される。つまりイヴォークコンバーチブルはクーペとSUVとコンバーチブルをかけ合わせたモデルということになる。なんだかよくわからないが、そもそも分類なんてどうでもいい。大事なのはそのクルマがカッコいいかどうかだ。それについては一目瞭然。非常に美しくカッコいい。

せっかくのコンバーチブルなので、トップを下ろす場面の実況から。クーペならではの長いドアを開け、適度に身体を包む形状のレザーシートに腰をかける。センターコンソールのカップホルダー脇にあるスイッチをおよそ20秒間押し続けると、ヴェバスト製の5層のファブリックからなるソフトトップがZ型に格納され、フルオープンとなる。

無粋なロールバーはない。必要な時(横転時)に後席背後から飛び出す。閉じるのに要するのもだいたい20秒で、当然ながら最後の固定まで全自動。トップを展開中も格納中も作動音がほとんど聞こえない。ロールス・ロイス・レイスの作動音と同レベルで、静かといっても過言ではない。格納されたトップは、リアシート背後のラゲッジスペース上部に完全に収まり、ショルダーラインとツライチになる。

コンバーチブル化に際し、トップを収めるためにルーフ以外の形状がリアを中心に微妙に変わっているらしいが、見た目には、ルーフ以外はイヴォーククーペとの違いがわからない。ランドローバーのデザイン・ダイレクター、ジェリー・マクガバン氏にしてみれば、コンバーチブルにするからといって自らの傑作を無闇に変える必要はないということだろう。イヴォークには当初からコンバーチブル化の計画があったようだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します