サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 「大物」をスムーズに走らせます! 今秋発売の三菱ふそう大型トラックにレベル2自動運転搭載

ここから本文です

「大物」をスムーズに走らせます! 今秋発売の三菱ふそう大型トラックにレベル2自動運転搭載

独ダイムラーと三菱ふそうの関係

三菱ふそうトラック・バス株式会社は、「レベル2」の自動運転機能を大型トラック「スーパーグレート」に搭載し、2019年秋頃に販売します。この技術は三菱ふそうの大株主、独ダイムラー社のメルセデス・ベンツが販売している大型トラック「アクトロス」と共通です。

ダイムラーグループはヨーロッパでは「メルセデス・ベンツ」、北米では「カスケディア」、そしてアジアは三菱ふそうをブランド展開しているため、ブランド間で技術の共用を行っています。

自動運転には1から5までのレベルがあり(※SAE基準)、1と2は厳密に言うと「運転支援」。あくまで運転の主体はドライバーであり、周囲を常に注視している必要があります。現時点では乗用車で実用されているのはレベル2までで、先日発表された日産の「プロパイロット2.0」やBMWの新型3シリーズに実装されたハンズオフ機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)もレベル2となっています。

レベル3以上になると運転の主体は「システム」となります。レベル3は限定エリア内ではシステム主体で自動運転を行い、ドライバーはシステムが作動困難になった場合に対応できることが条件となっています。最近ではアウディ「A8」で話題になりましたが、日本ではレベル3以上の自動運転が認可されていないため装備されていません。レベル4では緊急時もシステム主体で自動運転を行いますが、まだ市販化されていません。レベル5は完全な自動運転となり、車内にステアリングを設置する必要すらありません。

今回スーパーグレートに搭載される機能はレベル2ですので、ドライバーの運転支援機能となります。

※写真は非搭載の2019年モデル

次のページ>>車線維持走行は国内トラックメーカー初採用

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します