サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 日本未導入のテスラ・モデルYに試乗。内外装はあと一歩だがドイツでも注目度は高い

ここから本文です

日本未導入のテスラ・モデルYに試乗。内外装はあと一歩だがドイツでも注目度は高い

モデルYはドイツでも注目の存在になっている

ドイツにおけるテスラ、特に「テスラ モデル3」の販売は好調で、2019年の総販売台数ではそれまでトップだった廉価モデルの「ルノー ゾエ」の780台を146台引き離し、926台でトップに躍り出た。ちなみにドイツメーカーでは3位に「VW e-ゴルフ」が入っている。

2019年におけるEV販売台数合計は5748台で新車販売全体の2%に過ぎなかったが、2020年に入ると状況は改善しており、1月から4月までのEV新車登録台数は合計3万610台で、シェアは3.8%へと上昇している。まもなくデリバリーが始まるVWの本格的EV 「ID.3」によってさらに改善する可能性がある。

また冒頭に述べたテスラ モデル3は3位に入っており、ドイツ市場では日本車やアメリカ製のクルマは滅多に見かけないのに、テスラだけは例外だ。おそらくEVの先進メーカーであることや、ユニークな創業者イーロン・マスクのキャラクターが受けているのだろう。加えてドイツ・ベルリン郊外のブランデンブルグにギガファクトリーを建設し、来年から「モデルY」をヨーロッパに出荷すると発表したことも影響しているに違いない。

ゆえにドイツ人の多くはモデルYに大きな期待を寄せている。その結果、正規販売が始まっていないにもかかわらず、アメリカから並行輸入車が徐々に入って来ている。この試乗車もこうしたモデルの一台で、仕様はパフォーマンス、すなわちシステム出力で462馬力と639Nmを発生するデュアルモーターで、0-100km/hは3.7秒、最高速度は241km/hをマークするトップグレードである。

このパフォーマンスモデルの最大航続距離は480kmと発表されているがロングレンジ・バージョンでは性能は0-100km/hが5.1秒、最高速度は217km/hと若干劣るが航続距離は505kmまで伸びる。また搭載される75kWhのエネルギー容量を持つバッテリーへの充電は、専用急速充電システムのスーパーチャージャーなら24分で80%まで充電できる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します