サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > BMW 2シリーズグランクーペは1シリーズより時代に合っているかもしれない

ここから本文です

BMW 2シリーズグランクーペは1シリーズより時代に合っているかもしれない

4ドアクーペのフルライン化がコンプリート

クーペとはもともとフランス語で「切られた」という意味で、4ドアセダンを短くした2ドアモデルの事だった。しかし2004年に背の低い4ドアセダンを「4ドアクーペ」と表現して大成功した「メルセデス・ベンツ CLS」に端を発したこのセグメントは、「ポルシェ パナメーラ」「アウディ A7」「アストンマーティン ラピード」と続き、SUVと並んで近年に誕生した新しいクルマのカテゴリーとして認知されたようだ。

BMWもこの流れに乗って2012年に「6シリーズ グラン クーペ」を発売して2018年までに7万台近くを販売した。2014年には「4シリーズ」にもこのバリエーションを追加、昨年までに30万台を超えるヒット作となった。また昨年からは「8シリーズ」にもグランクーペが加わり、このボディカテゴリーでフルラインアップを形成する勢いだ。

それを証明するのが今回、新たにラインアップされた「2シリーズ グランクーペ」である。ベースになっているのはもちろん「1シリーズ」で、アーキテクチャーはコンパクトFWDモデルをカバーする「UKL2」だ。

BMWとしては久々の完全なニューモデルの試乗会は期待外れの曇り空が広がるリスボン郊外で行われた。試乗したのはトップモデルの「M235i xDrive」で、全長4540(4355)×全幅1800(1800)×全高1430(1465)mm、ホイールベースは2670(2670)mm、空車重量は1645kg(※EU)である。すなわち()内の1シリーハッチバックよりも約200mm短く、約30mm低く、ホイールベースは同一である。またトランク容量も430Lとボディが長い分だけハッチバックよりは50L大きい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します