サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 世界1250台限定「ポルシェ ボクスター」の25周年モデルに乗って、日本車とポルシェの歴史トリビアも思い出した

ここから本文です

世界1250台限定「ポルシェ ボクスター」の25周年モデルに乗って、日本車とポルシェの歴史トリビアも思い出した

ボクスターの歴史と、ポルシェと日本メーカーの関係

1990年代の初め、ポルシェの総生産台数は3万台を大きく割り込み、存続の危機を迎えていた。「911」の後継モデルとして開発された希望の星「928」はまったく売れず、ドル安で経営は悪化、トヨタに身売りされる話まで囁かれていたほどである。

そんな中、ポルシェはコンセプトカーの「プロトタイプボクスター」(※写真30枚目右、31枚目)を1993年1月のデトロイトショーに(NAIAS)でお披露目する。実は私も会場にいたのだが、伝説のレーシングカー「718 RS 60 スパイダー」を彷彿させる2シーターオープンカーの周りには幾重ものジャーナリストの人垣ができ、しばらく中を覗くことすらできなかったほどであった。とくにアメリカ人にはジェームス・ディーンのクルマという印象が強く、「ぜひ市販化を!」という声が高まっていったのだ。

当時、ポルシェは「989」と名付けられた4ドアスポーツサルーンを開発中であったが、ボクスターの反響の大きさに当時の社長、ヴェンドリン・ヴィーデキングはこのロードスターの商品化一本で進めることを決定、3年後の1996年8月に発売されたのであった。

実はこのボクスター誕生と成功には2つの日本からの影響があった。1つ目はトヨタの生産方式「リーン生産と改善(カイゼン)」を学んだこと。2つ目は1989年に登場した「マツダ MX-5(ロードスター)」である。量産車のコンポーネンツを使った廉価なオープン2シーターというアイデアは「BMW Z3」、「メルセデス・ベンツ SLK」、「フィアット バルケッタ」、「MGF」などまたたく間に類似モデルを生み出していったのである。ボクスターも同様で、1996年に初めて水冷化された「911(タイプ996)」のコンポーネンツを60%近くも流用していた。

その結果、7万6500ドイツマルク(現在ではおよそ510万円)、と911よりも400万円近く安い価格で販売され、初代(タイプ986)は16万4874台と歴代最大の販売台数を記録。2004年にタイプ987、2012年にタイプ981、2016年に登場した現行型の「718ボクスター」(タイプ982)が加わり、これまでに総販売台数は35万7千台以上が世界中に出荷されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します