サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > アウディのスポーツカーR8とTTは打ち切り!? 新たに追加されたR8の後輪駆動モデルから見える事情とは

ここから本文です

アウディのスポーツカーR8とTTは打ち切り!? 新たに追加されたR8の後輪駆動モデルから見える事情とは

高出力エンジンを搭載したスポーツカーはもはや時代遅れである

フェリー・ポルシェ(フェルディナンド・ポルシェの息子)はかつて「最後まで生き残る車はスポーツカー!」と言い切った。しかし、スポーツカーをめぐる環境にはここ数年で予想できなかった様々な変化が起こりつつあるようだ。

アウディは2018年、「R8」に999台の限定でタイプRWS(リア・ホイール・シリーズ)を発売した。このシリーズは即完売したが、昨年のフェイスリフトを機会に再び後輪駆動モデルを「RWD(リア・ホイール・ドライブ)」としてカタログに載せると発表したのだ。しかも、今度は限定生産ではなく、市場が要求する限り提供するという。これまでほとんどの製品でクワトロ(4WD)かFFを標榜してきたアウディは、なぜ象徴的なスーパースポーツカー「R8」の後輪駆動バージョンに力を入れてきたのだろうか?

その背景はまず、R8だけでなく、「TT」などアウディのスポーツカーも転換期を迎えていることが挙げられる。2019年5月に開催された株主総会でブラム・スコット社長はTT およびR8に後継モデルは存在しないと発表した。もう少し正確にいえば、すでに公約している電動化への道筋では、これまでのような高出力内燃エンジンを搭載するスポーツカーはもはや時勢から外れており再考が必要であるという意味である。

一方、R8の開発生産を担当するアウディ・スポーツのディレクターを務めるオリバー・ホフマンも2022年に登場するR8の後継モデルは電動化されるだろうと語っている。そうなると有終の美を飾るという意味で、ピュアエンジン搭載のR8を再びプロモートする必要が出てくる。こうした状況下で、フェイスリフトを機にエントリーグレードともいえる後輪駆動モデルを加えて品揃えを増やしてきたものと考えられるのだ。事実、R8 RWDスパイダーのドイツ価格は15万7000ユーロ(約1970万円)と、クワトロよりも2万2000ユーロ(約275万円)も安い。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します