サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > さらに細分化した最新トランパス、ミドルクラスミニバン専用の「ML」を試走

ここから本文です

さらに細分化した最新トランパス、ミドルクラスミニバン専用の「ML」を試走

走りの安定感も高まる

試乗はまず安全性を確保したサーキットでウェットから。トヨタ・ヴォクシー・ハイブリッドに装着した新型トランパスMLは、アンダーステアが出にくく、コーナリングがしやすかった。限界域でもフロントの粘りがあってアウト側に逃げていかない。同じ速度条件でトランパスmpZを試すと、アンダーステアが発生してアウト側に逃げてしまう。ラベリング制度のグレーディングは変わらないが、ウェットの安全性はアップする方向だという点が確認できた。

ドライ操縦安定性はホンダ・ステップワゴンで試乗した。危険回避を再現したダブルレーンチェンジを試すと、ミニバン専用タイヤならではの安定感が味わえる。トランパスMLは操舵に対して挙動の遅れが小さく、リアの揺れ戻しもほとんどない。ステアリングに素直に反応してくれるので狙ったラインをトレースできる。

比較で試乗した一般的なエコタイヤ、ナノエナジー3プラスは、車重に対して剛性が不足ぎみで変形が大きい。挙動が遅れがちになる。ミニバンにはやはり専用タイヤがマッチすることが確認できた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します