サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > エクスプローラーに萌え XLT&スポーツトラック!

ここから本文です

エクスプローラーに萌え XLT&スポーツトラック!

アメリカンなキーワードに萌え

SUVの本場といえる北米で1993年の発売以来、ベストセラーの座を守り続けるのが、フォード・エクスプローラーである。レクサスRX(日本名トヨタ・ハリアー)、BMWのX5にX3、メルセデスのMLクラス、VWトゥアレグにポルシェ・カイエン、ボルボXC90、そしてアウディQ7……。そしてポピュラーブランドでも、トヨタRAV4ロング(ヴァンガードの北米版)に日産ムラーノ、そしてマツダCX-9、さらにはホンダもマツダもスバルも三菱もSUVを投入している。SUV世界は、まるで911のごとく高速で走れるSUVやSクラスのように快適なSUV、安価で買い得で便利でスタイリッシュなものまで、もはや「ないものはない」という状態といってもいい。

そんな熾烈な北米SUV市場で、ベストセラーであり続けるエクスプローラー。その強みは、なにも地元メーカーならではの販売力と価格だけではあるまい。そこにはどんな秘密があるのか? 最新の2008年モデルが昨年末に日本上陸したことを機に、エクスプローラーをあらためて乗ってみませんか……というカービュー編集部の誘いを、私は2つ返事で引き受けた。しかも、今回は売れ筋のXLT(=V6モデル)に加えて、昨年ついに正規輸入がスタートしたスポーツトラックも、しかも30台限定のV8リミテッドを一緒に連れ出すという。「フォード、ピックアップ、V8」という、これ以上ないアメリカンなキーワードを聞いただけで、私は素直に「絶対に乗りたいっ!」と心躍った。

フォード・エクスプローラーは2001年に初めてのフルチェンジで2代目に進化して、さらに06年モデルとして内外装はもとよりメカニズムの細部にまで手直ししたビッグマイナーチェンジモデルが、05年秋に06年モデルとして上陸した。最新の08年モデルはその06年モデルの熟成版といっていい。それはともかく、エクスプローラーにおいて特筆すべきなのは、「スポーツトラック」の名でアメリカ車のド定番ともいうべきピックアップモデルが、昨年からついに正規輸入がスタートしたこと。ハリウッド青春映画で育った30代後半の私なんぞは、もう「普通のアメリカ人=ピックアップに乗っている」という方程式が刷り込まれている世代だ。なにはともあれ「フォードジャパン待ってたぜ!」である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら