サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型トゥーランに試乗。日本のミニバンユーザーの期待を超えられるか?

ここから本文です

新型トゥーランに試乗。日本のミニバンユーザーの期待を超えられるか?

新型トゥーランに試乗。日本のミニバンユーザーの期待を超えられるか?

写真は、TSI コンフォートライン

ひとりで乗ってもサマになりそうな雰囲気

パパ、ママになっても好きなクルマに乗り続けたい。そんな気持ちがある一方で、現実には想像以上に増える荷物、出かけた先で求められる数々の“衣・食・遊”スペース……。たまらず「やっぱりミニバンじゃないとダメかも?」と心が揺れている人も多いのではないだろうか。

2004年に初代が発売されてから、累計4万台以上が日本の道を走っている、ゴルフ トゥーラン。本国ではトゥーランとシンプルな車名だが、日本でゴルフファミリーの一員となっているのは、そうしたパパ、ママに「ゴルフと同じような気持ちで乗れる7人乗りですよ」と、優しく呼びかけてくれているように感じる。

今回、約12年ぶりにして初のフルモデルチェンジで、フォルクスワーゲンが進めている最新のモジュールコンセプト「MQB」をミニバンとして初めて車台に採用した。一見して確認できるその恩恵といえば、先代よりちょっと低くワイドになり、グッと都会的に映るスタイリング。スライドドアは持たず、2-3-2の着座配置も変わらないが、いかにも実用車です、という感じは影を潜めて、ひとりで乗ってもサマになりそうな雰囲気さえただよっている。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します