サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > シリーズ一番人気の「A5スポーツバック」は予算の振り分けがキモ?

ここから本文です

シリーズ一番人気の「A5スポーツバック」は予算の振り分けがキモ?

魅力十分だがオプションに注意?

新型アウディA5スポーツバックを高速道路と一般道で走らせた。上品なスタイリングや快適な乗り心地、高い走行安定性、望めば相当に速く走らせられる動力性能、そしてアバント(ワゴン)に迫るユーティリティ性能、それに先進安全装備なども備わる魅力的なモデルだった。ただし、ブルーハーツの曲じゃないが、あれも欲しい、これも欲しい、もっと欲しい、もっともっと欲しい♪と、好みのオプションを全部装着していくと、あれも買える、これも買える……という値段になってしまうのであった。

4ドアクーペというジャンルは、メルセデス・ベンツが2005年にCLSクラスによって切り拓き、数々のフォロワーも生んだ。1985年発売のトヨタ・カリーナEDに端を発する4ドアクーペブーム(ほかの国産メーカーもこぞって追従した)を経験して程なく飽きた日本人としては、「あぁアレね」と余裕を見せたいところだが、世界的にはその人気は何年たっても衰えず、今やひとつのジャンルとして定着した。

アウディはその4ドアクーペブームに完全には乗っからず、さりとて無視するわけでもなく、09年に5ドアハッチバックの“スポーツバック”をA5に追加したほか(日本導入は10年)、翌年にはスポーツバック専用のA7を発売することで(同11年)ブームに対する回答とした。A5スポーツバックは当時もっとも美しいクーペとの呼び声高かったA5クーペをベースに開発されたわけだが、ドアが2枚増えても依然美しかった。なおかつ実用的でもあったのでよく売れた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します