サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > MINIクロスオーバー、スタイル別・選び方指南

ここから本文です

MINIクロスオーバー、スタイル別・選び方指南

もっとも“使える”MINI

“ミニ”と呼ぶにはいささか抵抗を感じるほどボディが大きい「クロスオーバー」が新たにMINIラインナップに加わった。最大の魅力は、歴代MINI最高の実用性と利便性にある。室内空間は大人4人で乗っても窮屈感のない広さを確保し、しかも4ドアなので乗り降りにおける利便性も高い。

往年のMINIファンは「クロスオーバーは“ミニ”とは呼べない!」と言うかもしれないが、メーカーの狙いはこれまで逃していたMINIファンの獲得になる。というのも、今まではMINIの“かわカッコいい”個性を気に入っても、2ドアであることや室内の狭さといった実用性が懸念材料になり、他メーカーのモデルに落ち着いた方もいるはず。そのような「MINIに乗りたくても乗れない」ユーザーに向けて作られたのが、今回のクロスオーバーなのである。

スタイルと同じぐらいMINIの個性を彩っているのが、“ゴーカートフィーリング”とも評されるキビキビと曲がる回頭性能の高さ。その特性は、車高が高まり重心が高まったことで、やや影を潜めてしまった。しかしそれは、MINIのハッチバックと乗り比べて感じる特性であり、クロスオーバーでも他のコンパクトカーを圧倒する回頭性能はある。しかも十分に“ハンドリングマシン”と呼べるレベルだ。

具体的には、ハンドル操作に忠実かつ鋭く曲がる特性や、曲がりながらの追加操舵にも懐深く反応して、グイグイと曲がり込んでくれる特性が挙げられる。またトレッドが広がったことでコーナーでの踏ん張り感が高まり、旋回力はMINIらしく高いレベルにある。もちろんボディも強固で、車高が高いせいで不安感を伴うことなどは皆無だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら