サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 先代をイメージ、ハイパーVer.そしてワサビ…トヨタ新型スープラのカスタマイズカーをSEMAショーに出展

ここから本文です

先代をイメージ、ハイパーVer.そしてワサビ…トヨタ新型スープラのカスタマイズカーをSEMAショーに出展

トヨタは、米ラスベガスで11月5日~8日に開催されたSEMAショーで、新型「スープラ」のコンプリートカー9台を出展した。

新型スープラは久方ぶりの復活となったトヨタ製リアルスポーツで、走行性能やデザインに加え、個性の異なる4気筒と6気筒エンジンを設定するなど、登場以来自動車ファンの話題を独占している。海を渡った米国でも状況は同じで、全米最大規模のアフターパーツの祭典SEMAショーでは今年、スープラがカスタマイズの主役となった。

そのうち、「ヘリテージ エディション」は、90年代に一世を風靡した先代スープラをイメージ。米国では「マークIV」と呼ばれる先代の面影は、フロントとリアのスポイラーなど随所に見て取れるが、新型のボディに違和感なく溶け込むよう、巧妙なリデザインが与えられている。パワーユニットは500馬力超まで強化され、この点もチューニングベースとして名をはせた先代を彷彿とさせるポイントだ。

次のページ>>ハイパーブースト エディション

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します