サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型アウディA1発売。日本で使いやすそうなサイズだがオプション次第でなかなかのお値段

ここから本文です

新型アウディA1発売。日本で使いやすそうなサイズだがオプション次第でなかなかのお値段

現行アウディモデルに沿った刷新

アウディ ジャパンは8年ぶりにフルモデルチェンジした新型「A1 スポーツバック」を発売しました。初代は2011年に発表され、2代目となります。大きな変更点は従来比95mm長くなったホイールベース、65L拡大した荷室などです。

エクステリアは、フロント回りをこれまで通りのシングルフレームグリルとしながら、現行アウディモデルと同じテイストのものとなりました。ボンネット先端にある3分割スリットや太めのCピラーは1984年に登場した「スポーツ クワトロ」へのオマージュとか。ヘッドライトのロービームとハイビーム以外のライト回りはすべてLED化されています。

インテリアは運転席中心にインパネがデザインされたコックピット感のあるもの。メーターは10.25インチのフル液晶ディスプレイとなり、オプションのMMIナビゲーションシステムは10.1インチのタッチスクリーン式。USB充電ポートが標準装備され「アップル カープレイ」、「アンドロイド オート」も利用可能。11個のスピーカーを持つ「Bang & Olufsen(バング&オルフセン) 3D サラウンドシステム」も、A1として初めてオプション設定されています。

運転支援システムでは、前方の危険をレーダーで察知し緊急ブレーキを作動させる「アウディプレセンスフロント」を全車標準装備し、万一の際にフロントシートベルトを締め上げ、ウィンドウを自動的に閉じ、ハザードライトを点滅するなどして、フルブレーキや衝突に備えて衝撃を緩和する「アウディ プレセンスベーシック」はオプション設定。同じくオプションでアダプティブクルーズコントロールやアクティブレーンアシスト、ハイビームアシストもオプションで選択可能。

エンジンは1.0L直列4気筒DOHC直噴ターボの「25 TFSI」(2020年 第2四半期に導入予定、スペック未発表)と新開発の1.5L直列4気筒DOHC直噴ターボの「35 TFSI」の2種類を設定。1.5Lエンジンはこれまでの1.4Lに代わるもので、最高出力150ps、最大トルク250Nmを発揮します。また気筒休止システムやシリンダーオンデマンド(COD)なども備えています。トランスミッションは全車7速DCT(Sトロニック)を採用しています。

ベース車オプションを選択しないと今どきの仕様にならないかも

実車を見た編集の所感を。良い意味でクセのないコンサバなエクステリアと、日本ではジャストサイズと言えそうな全長4040(Sラインは4045)×全幅1740×全高1435mmというボディはなかなか魅力的。インテリアも運転席に座るとインパネが迫ってくるようなコクピット感のあるもので、編集的にはタイト感が心地良いものでした。95mm長くなったホイールベースは後席の快適性と65L拡大した荷室に効いていそうで、いずれも広くはないものの狭さは感じず、使いやすさそうでした。

一方で気になるのは価格。ベースとなるオプションレス(ナビもついていない)の「アドバンスド」は365万円で、ナビや先進安全装備、前車追従クルーズコントロールなど、今どきの装備をオプション選択すると、最低でも今回の発表記念モデル「ファーストエディション」443万円と同じくらいになりそう。ベース部分を共用するリーズナブルな「ポロ」と比較して、走りや質感、装備などの違いはどうなのか? 今後の試乗レポートなどでじっくりチェックしてみたいところです。

※スペックの車幅に間違いがありました。お詫びして訂正します。

【 アウディ A1 スポーツバックのその他の情報 】
アウディ A1 スポーツバックの中古車一覧
アウディ A1 スポーツバックのカタログ情報
アウディ A1 スポーツバックの買取相場

次のページ>>スペック

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します