サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > 4月のマーケット概況、市場縮小で軽販売が苦戦

ここから本文です

4月のマーケット概況、市場縮小で軽販売が苦戦

登録乗用車は9ヶ月ぶりにプラス

増税の影響で昨年は4月以降に販売が低迷したが、今年4月の新車販売は前年をさらに割り込み、特に軽自動車は2ケタ減のマイナスとなった。その状況を日本自動車販売協会連合会(自販連)、全国軽自動車協会連合会(全軽自協)、日本自動車輸入組合(JAIA)が発表したデータから見ていこう。

乗用車、貨物車、軽自動車も含めた4月の新車販売台数は前年比7.5%減の31万9482台。最需要期後の4月は例年販売が落ち込む傾向があるが、今年は増税があった昨年並みに落ち込みが大きかった。昨年4月は前月比44.1%、今年は前月比45.9%だった。

登録乗用車は前年比2.9%増の17万0240台。9ヶ月ぶりに前年を上回ったが、伸び率は小幅に終わった。このうち3ナンバー乗用車は8.3%増の8万1909台で7ヶ月ぶりに前年を上回り、まずまずの結果だったが、5ナンバー乗用車は1.7%減の8万8331台で9ヶ月連続のマイナスと振るわなかった。一方で貨物車は、普通貨物が42.6%増、小型貨物は9.8%増で、トータルでは19.6%の増加と法人需要の好調ぶりが際立つ格好となった。

一方、軽自動車は全体で22.5%減の12万1111台ともっとも落ち込みが大きかった。貨物車は3.6%減にとどまったが、乗用車は26.9%減と大きく下落。これは昨年4月の増税時の駆け込み需要による需要拡大で生産が追いつかなくなって起こる、いわゆる“受注残”により、4月以降もしばらく市場が拡大した状況が続いたため。結果、今年4月の販売実績が見劣りした。また4月に軽自動車税が従来の7200円から1万0800円(自家用乗用車の場合)に引き上げられたことが影響した可能性もある。

おすすめのニュース

サイトトップへ