サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > トヨタ FT-4Xの詳細装備を写真で紹介。全部実現したらスゴイかもしれない

ここから本文です

トヨタ FT-4Xの詳細装備を写真で紹介。全部実現したらスゴイかもしれない

ニューヨークオートショー開幕前から、タイヤのチラ見せなどで話題を呼んでいたコンセプトカー「トヨタ FT-4X」の正体が明らかになりました(詳細記事はこちら)。そのコンセプトを簡単にまとめると、ガジェット慣れした高感度な若者(米国で言うミレニアム世代)が気軽にアウトドアに出かけられるSUV、という感じのようです。では、開発担当者が「アウトドアシーンに付加できる楽しさや新たな価値を追求した」というFT-4Xのデザインや具体的な装備を見ていきましょう。

まずフロントサイドを眺めると「X」をモチーフとしたパーツや面構成が目に入ります。「ランドクルーザー」や「FJクルーザー」などと同様の水平基調グリルもポイントでしょう。ドアハンドルはグローブをしたままでも握り易い大きな形状、サイドミラーには外の様子を記録できる小型カメラが内蔵されています。

インストルメントパネルの位置には、スマートフォン用ドックを設置。ナビアプリなどが見やすいだけでなく、スマホを手放せない世代には目の前にあることで安心感が得られるかもしれませんね。また、大きなダイヤルが付いたオーディオは外でも使えるように取り外し可能、THE NORTH FACEのロゴが付いたアームレストは広げれば寝袋になるそうです。

SUVといえばラゲッジの使い勝手が重要。2列目を倒せばフルフラットかつ濡れたものを置いても清掃が簡単な素材を用いた広大なスペースが出現。ラゲッジ板をスライドすればその下にも収納スペースがありました。極めつけはバックドア。横開き縦開きとも可能で、駐車スペースやシーンに応じて使いわけが可能となっています。

さらにさらに、バックドア内側には冷蔵用保温用の2つのコンソールボックス、取り外して懐中電灯になるルームライトドアハンドルをよく見るとフタがついた飲料用ボトルが組み込まれていました(実際に使うかビミョウですが…)。最後に大体のボディサイズですが、全長4250×全幅1820×全高1620mmと意外にコンパクト。「自分ならこう使うなぁ…」と想像しながら、ぜひ写真を眺めてみてください。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します