サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 新型A1を先行取材。その進化はポロやミニの牙城を崩すために

ここから本文です

新型A1を先行取材。その進化はポロやミニの牙城を崩すために

ディーゼルモデルは用意されず

A1の正式モデル名称は搭載するエンジンによって決まり、95psと116psの2種類のチューンを持った1リッター3気筒がそれぞれ「A1 25TFSI」と「A1 30TFSI」、150psの1.5リッター4気筒が「A1 35TFSI」、トップモデルはEA888こと200psを発生するミラーサイクルの2リッター4気筒で「A1 40TFSI」となる。問題児のディーゼル仕様は存在しない。

また、最近話題になっているADAS(ドライバー支援)はカメラによるもので、LKA(レーンキープアシスト)や歩行者検知によるエマージェンシー・ブレーキはもちろん、レベル3に限りなく近い、アダプティブ・クルーズ・コントロール(アシスト)は200km/hまで追従が可能である。

ドイツでの価格は3気筒のA1 25TFSIベーシックが19%の付加価値税込みで1万9500ユーロ(約260万円)、7月末から受注が始まり、11月からデリバリーが開始される。日本市場への時期や価格は未発表である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します