サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 新型A1を先行取材。その進化はポロやミニの牙城を崩すために

ここから本文です

新型A1を先行取材。その進化はポロやミニの牙城を崩すために

3ドアが廃止され5ドア=スポーツバックのみに

アウディ本社に近い、元鉄道車両のメインテナンス工場(現在は文化財になっている)に現れたA1は先代のモデルとは明らかに異なる、現行アウディのラインアップに通じるデザインをまとっていた。すなわちソフトなラインや曲面を廃し、代わりに深いエッジ、緊張感のある面から構成されている。

エクステリア・デザインを担当した韓国人デザイナーのドージン・チョーイは「ダイナミックなデザインをヘリテージの中から発見しました」と解説を始めた。そして「ウア(初代)クワトロに見られたボンネット上のスリットをシングルフレームグリルの上縁にレイアウトしたのです」と自社の歴史から学んだことを告白する。

しかし彼はそれだけに止まらず、ウェッジの効いたサイドやCピラーに支えられるように後方へなだらかに落ちたルーフを描き、確かにスポーティでダイナミックな印象を与えている。3ドアを廃止し、すべてスポーツバック=5ドア仕様に統一されたボディのサイズは全長4.03m (3.99m)×全幅1.74m(1.75m)×全高1.41m(1.42m)、 ホイールベース2.56m(2.47m)。トランク容量はリアシートを立てた状態で65リッター増の335リッター、フラットに畳むと1090リッターへと全体に成長している。※()内は旧モデル。

一方、インテリアだが、こちらもエクステリアに劣らない進化を見せている。正面のバーチャルコクピット、中央のタッチパッド、ボイスコントロールでも入力可能なスクリーンがこれまでのMMIダイヤルに代わって搭載されている。これらはなんと「A8」からのプレゼントである。ドライバーズ・シートに座った感じは明らかに広くなっており、後席も2人は当然、子供はもちろん小柄な人であれば3人乗っても問題なさそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します