サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 北米風カスタム! CR-V ブラック エディション カスタム コンセプト with THE CHECK SHOP(チェックショップ) - 東京オートサロン

ここから本文です

北米風カスタム! CR-V ブラック エディション カスタム コンセプト with THE CHECK SHOP(チェックショップ) - 東京オートサロン

1月10日(金)より幕張メッセで開催の「東京オートサロン2020」。carview!は注目のブースや車種を紹介します。※一般公開日は11(土)・12(日)

ホンダのブースに展示されていた「CR-V ブラック エディション カスタム コンセプト with THE CHECK SHOP(チェックショップ)」をご紹介。

「チェック ショップ」は横浜にあるポルシェやBMWなどの欧州車のチューニングを得意とするカスタムショップで、編集的に国産車をカスタムするイメージがありません。なぜCR-Vのカスタムを手掛けたのかホンダの担当者に聞いてみました。「CR-Vをカスタムするにあたって、SUVらしい力強さや走りを表現するにあたり、様々なカスタムショップに声をかけたところ、我々の実現したかったカスタムイメージと合致したのがチェックショップでした」とのこと。

ちなみにモデル名にある「ブラック エディション」は、北米で販売されているホンダ「パイロット」などに展開されている特別仕様で、CR-Vには展開されておらず、今回このカスタムモデルのために特装されたものとのこと。反響が良ければ市販も視野に入っているそうです。

その特別に仕立てたブラックエディションのカスタム内容は、タイヤにトーヨーの「オープン カントリー(265/65R17)」、ホイールはAGIO(アジオ)の「offroad FHC(17×8.5)」、サスペンションは「JRZ RSPro3 3way」、フェンダーエクステンション(オーバーフェンダー)とルーフラック、サイドアンダーバーは「Kohlenstoff(コーレンストッフ)」、ルーフボックスは「HAPRO(ハプロ)」などなど、日本では聞き馴染みのないメーカーではありますが、ゆえに北米感のあるカスタムに仕上がっています。

北米で売れているCR-Vだけに、このような北米らしいカスタムはよく似合っている印象でした。日本では他メーカーのSUVに押され気味感のあるモデルだけに、これくらい振り切ったカスタム仕様を展開するのもありかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します