サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > マツダ最後のロータリーRX-8をいま一度味わい、未来へ想いを馳せた

ここから本文です

マツダ最後のロータリーRX-8をいま一度味わい、未来へ想いを馳せた

マツダ最後のロータリーRX-8をいま一度味わい、未来へ想いを馳せた

マツダ RX-8 スピリットアール(ベース車:タイプ RS)

ロータリーとFRの復活はあるのか

「少し時代が早かったのかなぁ……」

パワーに頼らず、気持ち良いエンジンとキビキビとしたハンドリングを持つRX-8。狭いながらもリアシートを持ち、観音開きという特殊なキャラクターの4ドア形式を取るこのFRスポーツは、4ドアのグランクーペがまかり通るような現代になら、その個性がもっと多くの人々に認められたのではないか? もっともそこには、ロータリーエンジンに対する環境性能と、燃費性能の問題が立ちはだかったことも事実だ。今もきっとマツダは極秘裏に、その可能性を探っているはずである。

折しもマツダは2017年の東京モーターショーで「ビジョン クーペ」を発表し、その未来にFRクーペの存在を匂わせている。ロータリーエンジンとFRの復活。これを無責任にはやし立てる気はないけれど、期待せずにはいられない。今の時代にあって好調の波に乗るマツダ。彼らが放つ未来のFR“ロータリー”スポーツは、果たしてどんなハンドリングと鼓動を持っているのだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します