現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか

ここから本文です
試乗記 2019.1.8 レポート:河村 康彦 / 写真:篠原 晃一

SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか

パサート オールトラック TDI 4モーション アドバンス

ディーゼルには未来がない、と言うのは早計

ヨーロッパでは、このところディーゼル乗用車の人気が急降下中――と、そんなニュースを耳にした人は少なくないだろう。確かにそれはデータとしても現れているし、主にイメージ低下に伴うこの先の下取り価格の下落を懸念して、一般ユーザーにディーゼル車買い控えの動きが顕著になっているという話を、ドイツ在住の知人からも聞いた覚えがある。

改善されない大気汚染の原因がディーゼル車にあるとして、その乗り入れを禁止する都市が現れ始めた――と、これもまた最近、たびたび耳にするフレーズ。もっともこちらは、多くの報道から「最新のモデルは対象外」という一節が抜け落ちているのが問題点。乗り入れ規制の対象となるのは、あくまでも最新の排ガス浄化システムを持たない”旧式のモデル”のみ。本来は極めて重要であるべきこのポイントが、どうにも正確に伝えられていないのだ。

そもそも、人気が低下とは言ってもドイツやイギリスでは日本よりも遥かに多い3割ほどの乗用車が、まだディーゼルで売れている。さらにディーゼル比率の高かったフランスでは現在でも4割ほど。また、イタリアではまだ過半がディーゼルで売れているという。

多くのメーカーが、”電動化”に対してかつてなく力を入れているのは事実ではあるし、「2025年までに80種の電動車を投入する」と発表したVWグループのように、具体的な数値目標を掲げることでこのカテゴリーでのトップランナーであることを印象付けるブランドも少なくない。けれども、そうした動きをもって「ディーゼルにはもう未来がない」と言い切るのは、早計だろう。

いずれにしても、そんなこんなで逆風が吹きすさぶ2018年というタイミングに、実に「20年ぶりの日本上陸」ということで現れたのが、VWのディーゼルエンジン搭載モデルなのである。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します