現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成

ここから本文です
試乗記 2018.12.7 レポート:五味 康隆 / 写真:望月 浩彦

レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成

カムリの兄弟モデルとはいえボディは大きく異なる

「レクサス ES」はどんなモデルか? 日本市場からは一時期姿を消していたが、海外では成功し、今回で7代目となるモデルで、レクサスは嫌がるだろうが、以前に日本で売られていた「ウィンダム」の子孫といったほうがわかる人は多いかも知れない。

もちろん、最近のレクサスの質感は大幅に高まっているので、昔ながらのウィンダムではなく、パッケージのほうをイメージしてもらいたい。

具体的には、居住空間や積載力を大きく取れるFFパッケージに加えてロングホイールベースを採用した、お買い得感の高いモデルとなる(これもレクサスは嫌がりそうな表現だが…)。例えばレクサスのショールームで「LS」や「GS」を見ながら、ふと「ES」を見た際に、「LS」に準ずる後席空間を備えていながら、さらにはゴルフバックを楽に4個積める積載力を備え、それでいて価格は抑えられているという具合だ。

ESはこうした魅力を武器に、北米でのレクサスの拡大販売、さらには中国市場でのレクサスの好調を支える原動力であり続けている。そして満を持してという表現が正しいのか、改めて日本市場にも入ってきたわけだ。

ちなみに、クルマに詳しい読者なら「トヨタ カムリ」と兄弟車なのはご存じだろう。ただ、ESはプラットフォーム自体もホイールベースが45mm長いうえに、上屋であるボディのつくりも異なる。デザインは当然として、走りに影響をするボディ剛性が結果としてカムリと異なり、走りの質も異なるわけだ。

何にせよ、発売1ヶ月で月販目標350台の16倍に相当する5600台を売り上げており、日本でも好調に販売をスタートさせた。その中身をさらに掘り下げていこう。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します