現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗 > 静粛性にこだわった新型「ル・マン ファイブ」を試走。キモは忍者イメージの新技術

ここから本文です
試乗 2017.4.20 レポート:竹内 龍男 / 写真:住友ゴム工業

静粛性にこだわった新型「ル・マン ファイブ」を試走。キモは忍者イメージの新技術

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
静粛性にこだわった新型「ル・マン ファイブ」を試走。キモは忍者イメージの新技術
  • 静粛性にこだわった新型「ル・マン ファイブ」を試走。キモは忍者イメージの新技術
  • 静粛性にこだわった新型「ル・マン ファイブ」を試走。キモは忍者イメージの新技術
  • 静粛性にこだわった新型「ル・マン ファイブ」を試走。キモは忍者イメージの新技術
  • 静粛性にこだわった新型「ル・マン ファイブ」を試走。キモは忍者イメージの新技術
  • 静粛性にこだわった新型「ル・マン ファイブ」を試走。キモは忍者イメージの新技術
  • 静粛性にこだわった新型「ル・マン ファイブ」を試走。キモは忍者イメージの新技術
  • 静粛性にこだわった新型「ル・マン ファイブ」を試走。キモは忍者イメージの新技術
  • 静粛性にこだわった新型「ル・マン ファイブ」を試走。キモは忍者イメージの新技術
  • 静粛性にこだわった新型「ル・マン ファイブ」を試走。キモは忍者イメージの新技術
  • 静粛性にこだわった新型「ル・マン ファイブ」を試走。キモは忍者イメージの新技術
  • 静粛性にこだわった新型「ル・マン ファイブ」を試走。キモは忍者イメージの新技術
  • 静粛性にこだわった新型「ル・マン ファイブ」を試走。キモは忍者イメージの新技術

足音もなく、素早い忍者のように

ダンロップのコンフォートタイヤ、「ル・マン」は35年という長い歴史を持つ人気のモデル。2006年には世界初のサイレントコア(特殊吸音スポンジ)を採用し、タイヤ内部の共鳴音抑制技術を初搭載。高い静粛性を大きな特徴としてアピールしている。今回デビューした新型「ル・マン ファイブ」は、サイレントコアを継承しながら、さらにハイレベルな快適性を目指すべく徹底的な改良を行った。

新型ル・マン ファイブが採用した技術は「SHINOBIテクノロジー」と名付けられた。忍者は柔らかな膝と足裏のタッチが特徴で、上体を一定に保ち、足音もなく素早く走る。クルマに置き換えると、ボディは一定のまま路面の不整をタイヤがしなやかに吸収し、静かに走る…こんなイメージが連想できる。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します