現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!

ここから本文です
試乗記 2012.10.15 レポート:山崎 元裕 / 写真:篠原 晃一

最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!
  • 最新テクノロジーで、Sモデルの走りが変化!

効率をさらに追求する最新Sモデル

アウディの最新世代Sモデルが、日本市場に一挙導入された。「S6」、「S6アバント」、「S7スポーツバック」、そして「S8」の4モデルがそれだ。搭載されるエンジンは、いずれも新開発の4リッターV型8気筒DOHCツインターボ。「S6」、「S6アバント」、「S8」の前作が、ランボルギーニ・ガヤルドとも共通の、5.2リッターV型10気筒DOHC自然吸気エンジンを搭載していたことを考えると、ダウンサイジングという世界的なテクニカルトレンドを追ったこの選択が、その走りにどのような変化を生み出しているのかは非常に興味深いところだ。

今回ここで走りを報告するのは、「S6アバント」と「S7スポーツバック」の両モデル。ツインターボエンジンの最高出力は420psで、「S8」用はさらに100psのアドバンテージを持つ。燃費性能を向上させるために、一定条件下では4気筒モードへと移行する、「シリンダーオンデマンドシステム」や、「エネルギー回生システム」の採用など、高効率化への積極的な取り組みも、ダウンサイジングとともに特筆しなければならない特長である。

アクセルペダルの動きに対するエンジンレスポンスや、組み合わされる7速Sトロニックの制御プログラム、さらにはエアサスペンションやステアリングの特性などを、簡単なスイッチ操作で変化させることができる、「アウディドライブセレクト」は、最新世代Sモデルの走りに、ひとつの方向性には特化しない、ワイドな魅力を生み出す直接の原動力。実際の走りの中でも、この先進的なシステムの有効性は、あらゆる場面で確認できた。

試乗ステージ:箱根スカイライン 車種:S6 アバント (ワゴン)

    【S6 Avant】
    全長×全幅×全高=4940×1875×1475mm
    車両本体価格=1210万円

    【 S7 Sportback 】
    全長×全幅×全高=4990×1910×1420mm
    車両本体価格=1224万円

    【 共通スペック 】
    駆動方式=クワトロ(4WD)
    エンジン=4.0リッターV型8気筒DOHC・ターボ
    最高出力=309kW(420ps)/5500-6400rpm
    最大トルク=550Nm(56.1kg-m)/1400-5200rpm
    トランスミッション=7速Sトロニック
    JC08モード燃費=9.6km/L

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します