現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型フォレスターの2.5Lはターボの代替にはならなそうだが食わず嫌いはもったいない

ここから本文です

メーカーから編集記事を探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mas*****|2019/03/13 12:13

    違反報告

    アメリカ人好みのSUVはアウトバックに担ってもらって、ドッカンターボのフォレスターがいいな
  • har*****|2019/03/13 12:53

    違反報告

    まあ文句言うなら買わなきゃ良いだけで、どうしてもターボが良けりゃハリアーやCX-5にするわけですね。さらにどっちも皆の嫌いなCVTじゃ無いときてるし(笑)
  • cnb*****|2019/03/13 13:53

    違反報告

    フロントヘビーによる直進安定性は褒められるが、
    水平対向エンジンのレイアウトが非常に悪いので重心位置は実は同クラスの平均レベルよりも高くてコーナーリング性能は悪い
    この記事のように、ジャーナリストや自動車ライターを使ったステルスマーケティングによって
    雪道に強い4駆のイメージ作りに成功したが
    実際の4輪駆動を含めたシャシーの総合レベルは日産三菱マツダに劣る。

    エンジン性能はNA2.5L として、10年以上昔のレベル
    そして燃費が伸びるはずの高速8割で燃費13kmはいまどきの車としては本当にひどい
    しかも燃費性能しか取り柄のないCVTを使ってこの数字とは救いようがない
    スバル信者の方で、リコール大好きな方には良い車かもしれないが、
    普通の人にはオススメは絶対にできない。


(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します