ここから本文です
フォト 2018.8.31 レポート:小林 秀雄 / 写真:中野 英幸

新型フォレスター、WRX STI タイプ RA-RはSTIパフォーマンスパーツでどう変わった?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tub*****|2018/08/31 12:30

    違反報告

    あーだこーだ言ってるけど皆んなスバル車乗っちゃうと何も言えなくなっちゃうのよね…。
  • rei*****|2018/08/31 11:20

    違反報告

    両車ともテールランプがダサいなぁ
  • d32*****|2018/08/31 11:53

    違反報告

    後付けでボディ補強と称して、原価数千円の金属棒を1本1万円以上で売るぼったくり商法。外車は上位グレードも下位グレードもボディ剛性は同じ。最初から標準装備とけ、って代物ですえん。
  • moh*****|2018/08/31 12:42

    違反報告

    フレキシブルタワーバー、フレキシブルドロースティフナー、フレキシブルサポートサブフレームリヤ
    これいつまで別売りでやってんの。良いならSTIクラスには最初から付けなよ。
  • wat*****|2018/08/31 16:48

    違反報告

    出張で国産のレンタカーを借りては、首都高をよく走っていたのですが初めてスバルの車を乗ったときに、あれだけアンバランスなコーナーが続く道を安心して走れたことに感動して、他社にはない安心感に惚れてスバル車を購入しました。
    限定車は試乗する機会がないのが残念ですが、運転してみればその良さがわかります。所有すると自己満足が増し増しになります。
  • coo*****|2018/08/31 12:59

    違反報告

    スバヲタって簡単に騙せそうだな
  • crx*****|2018/08/31 14:45

    違反報告

    今回出たRA-Rの素モデル時の試乗記事はスバル車には珍しく車体の出来の悪さを指摘してたから、後付パーツで改善されたってことでしょう。なんだかなあって気もしますが。
  • d32*****|2018/08/31 11:56

    違反報告

    ボディ剛性強化と称して、原価数千円の金属棒を1万円以上の値段をつけて売るぼったくり。外車はどのグレードもボディ剛性は同じだよ。効果がそんなにあるんだったら最初から標準装備しとけ、って感じの部品です。
  • hid*****|2018/08/31 12:40

    違反報告

    俺のフォレスターもフレキシブルタワーバーを
    付けているが、ややハンドルが重くなり、
    ロール感が減り、コーナーが更に楽しくなった。
    登山の為、よく峠を走るが、他メーカーの
    腰高のクルマは右コーナーで必ずといってよい程、
    後輪がセンターラインを割っている。
    ロール感を嫌がり、ショートカット気味に
    直線的に曲がろうとしているんだろうが、
    これを付けるとそんな運転が不思議に思える。


  • jkj*****|2018/08/31 18:38

    違反報告

    外車は標準モデルやスポーツグレードでも同じボディ剛性とか言われているけどそんなことはない。はっきりしているのはルノーのルーテシアRS。公式サイトだと、トロフィーとシャーシカップによって違うシャーシを使っていると明記されているのだから。
    ワーゲンだとコックスやヤマハのボディダンパーが外資系のディーラーでオプション設定されています。