現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > ミニバン好調で2016年は好スタート【ボディタイプ別売れ筋】

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハッチバック:プリウスがボディタイプ別でも首位に

ハッチバック市場は、全体で7万5700台。新型プリウスの登場以降にざっくり1万台以上は増加したが、それでも1年前の8万5946台に比べると約1万台少ない。これは前年のこの時期に、「トヨタ アクア」がマイナーチェンジ直後で2万台近くに達していたことや、ライバルである「ホンダ フィット」や「日産 ノート」も販売台数が多く、市場が活況を呈していたため。結果、39.2%の市場シェア(軽を除く)は、前年から5ポイントダウンとなる。

1月の首位はプリウスで、ボディタイプ別でもアクアを抜いてトップに立った。登録台数は12月から5000台以上増え、1万8800台に。販売が絶好調のため受注に対し納車が追いついておらず、メーカーによれば納車が7-8ヶ月待ちのグレードもあるとのこと。続いて2位はアクア。1万2720台の登録台数は、通常であれば首位を狙えるレベル。プリウスとアクアだけで月販3万台を超えており、この部門では、トヨタのハイブリッド車の人気ぶりが鮮明だ。

3位はノート。前月比33%増の伸びを見せ、フィットを追い越した。4位フィットも販売台数は7000台を超えており、登録乗用車全体のトップ5に入るレベルだから、けっして悪くはなかった。また、前月7位だった「マツダ デミオ」は、12月に実施されたパワートレインやシャシーの改良により、前月から登録台数を3倍以上に伸ばして、5位に順位を上げている。全体にハッチバック市場は活況を取り戻しつつある。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ats*****|2016/02/29 16:37

    違反報告

    なぜプリウスが売れるのか未だにサッパリわかりません
    トヨタの営業が娘のアクア点検兼ねて訪問時にプリウス試乗してみてください!
    って、言うから試乗したけど…どこが良いのか!?サッパリわかりません
    アクアですら仕方なしに買って後悔しているのに…
    どん亀でチープなプリウスに400万も出す気には到底なれません!!
  • jam*****|2016/02/29 16:16

    違反報告

    プリウスとアクアで月間3万台。

    市場は相変わらずトヨタ・ハイブリッドフィーバー確率変動中!

    しかし対向してくるプリウス・・・極細の悪い眼してるわぁ(笑)
  • ste*****|2016/02/29 15:37

    違反報告

    プリウスはオワコン

    これだけは間違いない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します