サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > ライズ、1万台の大台を突破し大ヒットを記録。N-BOXは余裕の首位【ボディタイプ別売れ筋・1月】

ここから本文です

ライズ、1万台の大台を突破し大ヒットを記録。N-BOXは余裕の首位【ボディタイプ別売れ筋・1月】

軽乗用車:N-BOXが余裕の首位、2位争いはデイズに軍配

軽乗用車部門は計8万9513台で、乗用車全体の35.2%を占めた。前月に比べ、シェアは2.9ポイント拡大しており、SUV部門同様に勢いをつけている。

首位は「ホンダ N-BOX」がキープ。11月にタントに抜かれたが、前月に再び首位を奪回し、1月は2位に4600台以上の差をつけて、余裕を見せつけた。2位は前月から順位が入れ替わり、1万4266台を登録した「日産デイズ」が獲得した。前月2位だった「スズキ スペーシア」は3位に後退した。

4位と5位は前月と変わらず「ダイハツ タント」と「ダイハツ ムーヴ」が守った。タントは3位のスペーシアとわずか79台差に迫っており、この部門の販売競争の熾烈ぶりを物語っている。

なお、1月には部品の不具合で生産を休止していた「ホンダ N-WGN」の生産が再開され、3372台を登録。軽乗用車全体の10位に入っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ