サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スバル クロスオーバー7発表、よりアグレッシブな都市型SUVへ変貌

ここから本文です

スバル クロスオーバー7発表、よりアグレッシブな都市型SUVへ変貌

スバルは4月16日、2013年の東京モーターショーで初披露した「クロスオーバー7コンセプト」をベースに開発した7人乗りの新型SUV、「エクシーガ クロスオーバー7」を発売した。先代エクシーガの生産は既に終了しており、今後はこのクロスオーバー7に一本化されることになる。価格は275万4000円(2.5i アイサイトの1グレード設定)で、月間販売目標台数は600台。

都市に映えるSUVを目指したデザイン

新モデルの大きな変更点は、よりアグレッシブに刷新されたエクステリア。前後バンパーやホイールアーチ、サイドシルにクラッディングを施し、大型フロントグリルやルーフレールなどによってSUVらしい力強さが加えられた。また、フロント両端のコの字型のLEDライナーや、サイドとリヤに配したメッキパーツなどにより、「都市型SUV」にふさわしいデザインを目指したという。

インテリアは、シートやステアリングなどにタンカラーのレザー&ブルーグリーンステッチを織り込み、さらにピアノブラック調や金属調の加飾を各所に施すことで、上質かつ遊び心のある空間に仕立てている。

新開発サスペンション採用で操安性と乗り心地を向上

サイズは全長4780×全幅1800×全高1670(mm)。全体に先代よりも若干大きくなったものの、クラッディング装飾による全幅の拡がりを+25mmに抑え、一般的な立体駐車場に対応可能なサイズとしている。最低地上高はSUVとしての性格を強めたことから、先代比で10mmアップし、170mmを確保した(同グレード比)。

走行面では、新開発サスペンションの採用やステアリング制御の最適化により、コーナーでの60km/h操舵時のロール感を先代に比べて16%低減、またロール収束時間も15%短縮して安定性を向上。また30km/hにおける段差通過時の後席振動ショックも12%低減し、後席の乗り心地を改善して快適性を高めたという。

パワートレーンは先代と同じ2.5L水平対向4気筒(最高出力173ps/最大トルク235Nm)にCVT(リニアトロニック)の組み合わせで、燃費も変わらず13.2km/Lとなっている。

アイサイト(ver.2)&快適機能を標準装備

前方車両との速度差が30km/h以内の場合に衝突を回避、軽減するプリクラッシュブレーキや、全車速追従機能付きクルーズコントロール、AT誤発進抑制制御などを備えるアイサイト(ver.2)、さらに側面衝突時に1列目から3列目までの乗員を保護するSRSサイドエアバッグとSRSカーテンエアバッグを標準装備。また、快適性を高める装備として、運転席&助手席の8ウェイパワーシートとシートヒーターも標準で装備される。

<主要スペック>

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します